株式会社キー・プランニングは、ダイエットの挫折を防止する機能を盛り込んだサイト「Kzoku(ケーゾク)」を3月11日より正式にオープンした。



「Kzoku」は、同社の代表が自身のダイエットを契機に発案した継続支援システム(国際特許出願中)をもとに、法政大学との共同研究の成果を盛り込んだ、ダイエットの継続を支援するサイト。1年半に渡るテスト公開を通して得られたユーザーからの要望やシステム分析の結果を盛り込み、正式にオープンするに至った。



ダイエット関連システムとしては初めてOpenIDに対応。Yahoo JAPAN、mixi、Google、livedoor、エキサイト、BIGLOBEといった OpenID対応サービスを利用しているユーザーは、既存のID を使って「Kzoku」に登録、シングルサインオンで利用することができる。



これまでのテストで公開していた機能は正式版でも無償で利用できるが、長期間グラフなどのオプション機能は新たに用意された月額300円のプレミアム会員のみが利用できる。今後は1年間で1万人の有償会員を獲得するとしている。



なお、同社は3月11日から13日までの期間、東京・有明の東京ビッグサイトにおいて開催される「健康博覧会2009」に出展の予定(ブース番号3C-34)。



「Kzoku」