Windowsをシャットダウンする場合、通常は [スタート]メニューを開いて[終了オプション]を選び、[電源を切る]を選んで終了するという手順になる。終了するまで3つの手順を行うが、急いでいる時などはこの何段階もの手順を操作して終了するのは、わずらわしく感じるのではないだろうか。[スタート]メニューからたどって終了するのは面倒なので、ダイレクトに終了できるボタンでもあったらいいのに……と思ったことはないだろうか。



こんなときに役立つのが、デスクトップに作成できるシャットダウン用のショートカットアイコンだ。アイコンをダブルクリックするだけでダイレクトに終了できる。今回は、一発でシャットダウンできるショートカットアイコンの作成方法を紹介しよう。


■知っ得 No.0026 ショートカットアイコンですばやくパソコンを終了

Windowsのシャットダウンを行うには、[スタート]メニューから操作をするほかに、シャットダウン用のショートカットアイコンから終了させる方法がある。ショートカットはデスクトップに配置したり、タスクバーの[クイック起動]に登録したりしておけば、いちいち[スタート]メニューを開いてシャットダウンの操作を実行しなくても、簡単手軽にシャットダウンできるのだ。

シャットダウン用のショートカットアイコンを作成する手順を見てみよう。



デスクトップ上の何もないところで右クリックし、[新規作成]→[ショートカット]を選択する(画面1)。[項目の場所を入力してください]の枠に、「shutdown -s -f -t 0」と入力し、[次へ]ボタンをクリックする(画面2)。

画面1 新規作成]→[ショートカット]を選択する画面2 「<strong>shutdown -s -f -t 0</strong>」と入力し、[次へ]ボタンをクリックする
画面1[新規作成]→[ショートカット]を選択する画面2 「shutdown -s -f -t 0」と入力し、[次へ]ボタンをクリックする

[このショートカットの名前を入力してください]の枠に自分で分かりやすい名前を入力する。ここでは「終了」と入力し、[完了]ボタンをクリックする(画面3)。デスクトップに「終了」という名のショートカットアイコンが作成される。ダブルクリックして実行するとWindowsのシャットダウンが開始される(画面4)。

画面3 自分で分かりやすい名前を入力する画面4 「終了」アイコンでシャットダウンされる
画面3 自分で分かりやすい名前を入力する画面4 「終了」アイコンでシャットダウンされる

2番目の手順で入力した「shutdown -s -f -t 0」の「0」の値は、シャットダウンするまでの秒数の値となっている。例えば15秒後にシャットダウンするようにしたい場合は、「shutdown -s -f -t 15」と入力してショートカットアイコンを作成すると、実行して15秒後にシャットダウンするようになる。この間、シャットダウンが開始されるまでの間、以下のようなダイアログボックスが表示される(画面5)。

画面5 シャットダウンまでのカウントダウンの時間が表示される
画面5 シャットダウンまでのカウントダウンの時間が表示される

まちがってシャットダウンのショートカットアイコンをよく実行してしまう、というそそっかしい人は、この秒数の長めに設定し、その間にアプリケーションの保存処理する余裕を設定しておいた方がよいかもしれない。



[シャットダウン]の他にも、[再起動]や[ログオフ]も同じようにショートカットアイコンが作成できる。2番目の手順の[項目の場所を入力してください]の枠の入力文字を、以下のようにすることで[再起動]や[ログオフ]のショートカットが作成可能だ。これらのショートカットの利用頻度が高い場合は作っておくとよいだろう。



●再起動

shutdown -r -f -t 0




●ログオフ

shutdown -l -f




■こちらもオススメ!PC 最新ニュース

「すべてのプログラム」の中がごちゃごちゃして見づらい

[C]とか[D]とかついているドライブの記号って変更できないの?

時計表示を午前/午後で表示したい

クリックしたけど、なぜかリンクが開かない? 広告ブロックを使いこなせ!

【知っ得!虎の巻】バックナンバー一覧



編集部:篠崎 哲(ジャムハウス)

制作編集:エヌプラス

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.