とうとうauからも「AQUOSケータイ」が発売になった。各キャリアで同じ(似たような)デザインで同じコンセプトの端末がそろい踏み…というのはたぶん初めてのこと。すべてのキャリアに端末を提供しているというメーカーが少ないから…というのもあるのだろうが。とにかく3.0インチの液晶画面でワンセグ、サイクロイドスタイルのAQUOSケータイを入手したのである。


■W51SH 本体紹介

まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく“約”は省略させていただいた。サイズは高109mm×幅50mm×厚24mm。重さは136g。連続待ち受け時間が300時間、連続通話時間が音声通話時が290分である。



正面から見たW51SH。72×26ドット表示のサブディスプレイは2行表示だ。

ワンセグ視聴時間は280分だ。メインディスプレイはモバイルASV液晶で、3インチのワイドQVGA表示(横240ドット×縦400ドット)、最大26万2,144色表示が可能。サブディスプレイは、モノクロ表示で、サイズは0.7インチ(72×26ドット)である。



普通に開くとこのような感じ。3.0インチで240×400ピクセル表示だ。

メインカメラは、有効画素数203万画素のCMOSカメラで、最大記録サイズが1,600×1,200ピクセル、サブカメラは用意されていない。データフォルダ容量は128Mバイト。ここに撮影した画像や映像、Eメールの添付データ、EZwebからダウンロードしたデータなどが保存される。また、外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーはオーシャンブルー、スターリーシルバー、オーロラピンクの3色が準備されている。筆者はオーシャンブルーを購入した。



本体左側面。外部接続端子がある。本体右側面。右より平型ステレオイヤホン端子、microSCカードスロット、サイドキー上、サイドキー下、シャッターキーが並ぶ。本体裏面。左より内蔵カメラレンズ、マクロスイッチ、モバイルライトが並んでいる。

購入してみて気になるのはやはり各社のAQUOSケータイだろう。並べて写真を撮ってみた。並び順は、左からソフトバンク「911SH」、ドコモ「SH903iTV」、au「W51SH」である。




■基本の機能はソフトバンクやドコモとほとんど同じ

このW51SHはワンセグを楽しむ…ということをメインで作られた端末である。ソフトバンク、ドコモ共に同じコンセプトで作られているので、基本的な機能はほとんど同じだ。ぱっと目立つところで違うのは液晶画面の左上に「AQUOSケータイ」というロゴと、液晶画面の下に「SHARP」ロゴがあるところ。なんともシャープの液晶テレビAQUOSと同じ感じでちょっとだけうれしい…かも。ただし、テレビ電話には対応していないので、サブカメラは準備されていない(ソフトバンク、ドコモには準備されている)。



液晶画面の左上に「AQUOSケータイ」、下側に「SHARP」のロゴがある。

液晶は相変わらずキレイ。ちょっと明るめに設定しておけば、天気のいい日に屋外で見ても見ることができる。ただし、バッテリーの持ちはぐんと落ちるが。



各ボタンは少ないながらも出っ張りがあるような仕様なので、ちょっと小さめながら押しやすい。それほどは使いこなせていないが、ちょっと使ってみたところ押し間違いをする…ということはほとんどなかった。



操作性について書いたので、ついでに文字サイズについても書いておこう。メールを読む際に設定できる文字サイズは「大」「中」「小」「極小」の4通り。各文字のサイズは以下の通りだ。



「大」「中」「小」「極小」

次のページでは、W51SHのカメラ機能を見ていただこう。

■けっこうキレイな200万画素CMOSカメラ

有効画素数200万画素のCMOSカメラはオートフォーカス機能なし。これらの仕様はソフトバンク、ドコモと一緒だ。実際に撮影してみるとそこそこキレイ。暗めの場所で撮影するとざらつきがあったりはするのだが、そこそこケータイカメラとしては使える…といっていいのではないだろうか。ソフトバンクとドコモのAQUOSケータイと比べてみると、いちばんキレイである。最後に、ソフトバンクとドコモのAQUOSケータイを使って同じ場所で撮影した写真も載せておくので参考にしていただきたい(ただし、同じ日に撮ったのではないので、この写真のみで判断しないように注意していただきたい)。




●晴天時に撮影した写真




●曇天時に撮影した写真




●屋内で撮影した写真




●マクロモードで撮影した写真




●蛍光灯下で撮影した写真




●電球下で撮影した写真




●夜景を通常のオートモードで撮影した写真




●夜景を夜景モードで撮影した写真




●ソフトバンク911SHで撮影した写真




●ドコモSH903iTVで撮影した写真




次のページでは、W51SHのワンセグとミュージック機能を見ていただこう。

■ワンセグとミュージック機能

ワンセグ機能は液晶画面を回転するだけで起動する。もちろん録画にも対応していて、本体メモリに約40分を録画することが可能。別売だが、2GバイトのmicroSDカードに保存すれば約10時間40分も録画することができるただし、バッテリーはそれほど持たないのでクレードルに載せた状態での話だが。録画は留守録も可能。寝ている時間帯に録画しておいて、通勤中に見るっていうようなこともできるのだ。




そして、テレビを見ている状態でメールの確認などをすることができる。ただし、ドコモのAQUOSケータイ「SH903iTV」のようにマルチウィンドウ機能には対応していない。あくまでも画面を切り替えて操作しないといけない。残念なのはサイクロイドスタイルにワンセグしか対応していないっていうこと。サイクロイドスタイルで見ている際に、Taskボタンで機能を切り替えた場合、縦画面になってしまうのである。これはせっかくのこのスタイルなのにもったいないと思うのだが。



ワンセグを見ている際にTaskボタンを押すとタスクバーが表示され、そこで機能を切り替えることができる。サイクロイドスタイルでワンセグを見ている際には、このように縦画面用のTaskバーが表示されてしまう。

ミュージック機能ももちろん準備されている。対応はauが提供している「LISMO」のみ。同梱されているCDから「au Music Port」をパソコンにインストールし、付属のUSBケーブルを利用してケータイと接続、そして楽曲を転送する。他のミュージックソフトなどは利用することは不可能みたいだ。注意することは「au Music Port」はWindows XPにしか対応していないってこと。他のOSだとインストールができないのである。



au Music Port。CDを取り込んでケータイに転送できるだけでなく、LISMO Music Storeで着うたフルなどを購入することができる。アドレス帳や写真などのバックアップも可能だ。au Music Player。これを利用して音楽を聴く。au Music Portで取り込んだCDをケータイに転送してみるとと曲順が逆になっていた。

■Kijimoto's EYE

「サイクロイドスタイル」という名称は覚えづらいな、と思っていた。もっとわかりやすい名称にした方がよかったのに…って。しかし覚えてしまった。ソフトバンク、ドコモ、auと同じ呼び方で統一したのが大きいのだろうな。ちょっと興味を持って見ていれば自然と覚えるものだということがよくわかった。まだまだ一般には浸透しているとはいえないが、覚えているっていう人も少なくはないだろう。



今回のレビューで、ソフトバンク、ドコモと何点か比較したが、それってちょっと間違っているような気もする。なぜなら、同じキャリア同士での機種変更などはよくあるけど、この機種が使いたいからキャリアを変えるっていうユーザーは、ナンバーポータビリティサービスがあるのでいるのだろうが少ないと思う。だが、同じような形、機能で各キャリアから発売されたらちょっと比較してみたくなるってもの。そういうことでお許しいただきたい。



最後にくどいようだがちょこっと比較を。サブディスプレイがauだけ有機ELではないので、バックライトが消えても見ることができるのだ。ケータイで時間を確認しているっていうユーザーはこの辺もチェックするべきところであろう。





■これもオススメ!モバイルニュース

ドコモにもついに登場!「サイクロイドスタイル」

バツグンの操作性!これがカシオのワンセグ携帯

定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

世界はモバイルインターネットの時代へ

ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」レビュー





W51SH

au



編集部:木地本 昌弥

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.