女性向けパソコン「Floral Kiss」(富士通)がフルモデルチェンジ【デジ通】

CH75R

富士通は、女性向けに特化したパソコンとして「Floral Kiss」というブランドを立ち上げ、いかにも情報機器然としたデザインではなく、可愛らしくオシャレなイメージを前面に打ち出した製品展開を行ってきた。その「Floral Kiss」に新モデルが登場した。

約1年半ぶりのフルモデルチェンとなる。前モデルはUltrabookだったのがスリムなことは変わらないが一般的なノートパソコンになった。女性向けを謳うだけあり、同社製の他製品には普通に付いている富士通ロゴすらない。そして今モデルでは、ユーザーのニーズを吸い上げた結果、光学ドライブを搭載。オシャレなUltrabookというよりも、実機能をより充実させたオールインワン型へと変化したことになる。

オールインワン型ということで、これ1台購入すればパソコンとしての機能は十分満たせるようにプリインストールソフトやサービスも、かなり充実している。

■パソコン然としたデザインから「持っててうれしい」デザインへ
Floral Kissは20代から30代の女性をメインターゲットにしており、「持っててうれしい」製品を目標として2012年秋に登場。今回のコンセプトは「わたしの好きなわたしになれる」となっており、より上質な自分を目指したい女性向けに、機能や付加価値を高めている。

たとえばハードウェア部分ではユーザーからの意見を取り入れDVD対応の光学ドライブを搭載。ただし、厚さや重量の増加は最低限に押さえ、厚さ17.5mmから22.5mmに、重量は1.45kgから1.72kgになった。モバイルで利用というのは、厳しくなってしまったと言える。ただ、吸い上げた声では、モバイル利用の優先度が低かったためと思われる。

大きく重くなった分、バッテリーも大容量なバッテリーを搭載したことで駆動時間は、従来の約2倍となる17.8時間へ伸びている(JEITA測定法2.0では約9.1時間となる)。もちろん同社製の他パソコンと同様に「LIFEBOOK CH75」という型番が付けられているが、先述したように富士通やLIFEBOOKのロゴは一切ない。完全にFloral Kissに特化したデザインとなっている。カラーはブラウン系と、レッド系の2系統用意される。

光学ドライブ、有線LANを搭載。また、HDMIポートも搭載し液晶テレビへの画面出力もケーブル一本でできるようになった。もちろんWindows 8.1なのでタッチパネルにも対応。最新OSであるWindows 8.1の機能をフル活用できるようになっている。このように機能は十分となった。

ターゲットとなる女性の関心事である旅行、美容、ファッション、スキルアップに合わせたソフトやサービスも強化している。ガイドブックの「ことりっぷ」、スポーツクラブ監修のエクササイズを実践できる「BIKATSU life」、ネットショッピングで気になった商品とURLをスクラップできる「SCRAPBOOK」、プリインストールされるOffice用にビジネスやprivateでも活用できる「Floral KissオリジナルOfficeテンプレート」が用意されている。さらに、ことりっぷの電子書籍1冊分や、エクササイズに関連したスポーツクラブの割引券といったこの機種だけのサービスも用意されている。発売予定は6月6日。価格は19万円程度になる見込みだ。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジ通の記事をもっと見る
ウェアラブルデバイスやバーチャルリアリティなどを実体験できる「富士通フォーラム2014」
Pentium(P5x)登場から20年! インテルがPCファン向けに公式ファンクラブを開設
インテルの「Internet of Things」」ビジネスへの取り組み内容が明らかに
Chrome OS端末の急増により低価格Windowsパソコンはどうなるのか?
8インチWindowsタブレットの人気の陰でiPadの伸びが沈静化、2014年のタブレット市場はどうなる?


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る