青色LEDチップは、液晶テレビのLEDバックライトやLED照明向けに、需要が急速に拡大している。そういった事情を踏まえ、シャープは、福山工場(広島県福山市)で、2010年内に青色LEDチップの量産を開始すると発表した。「当社は今後も、最先端の技術によるモノづくりを行い、LED事業の拡大を図ってまいります。」と、コメントしている。

■年間約50億個の生産を目指す
シャープでは、2010年1月より三原工場(広島県三原市)で青色LEDチップの生産を開始していたが、今後の旺盛な需要に対応すべく、調達の拡大に加え、福山工場にて青色LEDチップの生産を行う。これにより、同社の青色LED チップの生産能力は、2011年度に年間約50億個となる。

なお、福山工場での青色LEDチップの製造事業は、経済産業省の平成21年度「低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金」事業に、採択されている。

シャープ

■AV関連の記事をもっとみる
写真展「message ? 飯沢耕太郎の注目する女性写真家 ?」を開催へ
ロボットを賢く動かせ!あなたも上級者になれる方法
天下をとれるか!ソニー、デジ一眼とVAIOの新モデルの魅力と戦略
一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略