高くなくていい、高性能も不要! くたびれたATX電源の交換に向くATX電源を考える

krpw-sn_85+_series

最近、電源スイッチを入れても電源が入らなかったり、PCが起動中に電源部分から、くーくーと何かが鳴くような音が聞こえるときがある。1週間程度起動しっぱなしの再起動時など、再起動を選択したのに電源が落ちたまま入る様子がないなんて症状まで出てきた。

マザーボードが逝きかけてるのかとも思ったが、ミリタリーなんちゃらってやつで、かなり高品質の電装部品を使っているマザーボードなのでたぶん違う。となると原因はATX電源にあるんじゃないかと思い、取り外してみると、いかにもやばそうな焦げ臭い匂いがする。このままだとある日、スイッチを入れてもうんともすんとも言わなくなってしまうだろう。

元々、いまのPCケースを使い回して中身をごっそり交換した際に、テスト環境用に使っていた無印のATX電源を流用したのだった。中身は比較的新しいのだがATX電源は5年近く使っていることになる。容量だけは多かったのと意外と音が静かだったので、気にしていなかったが確かアキバのショップで、プチプチに包まれた状態のバルクで3,500円くらいで買ってきた覚えがある。

ということでATX電源を新調すべく、何を買おうか検討したのだが、アキバに行って、またプチプチに包まれた謎メーカーのATX電源を買ってくる手もあるが、これだと短命で終わる可能性もある。適度に信頼できて、なおかつ適度な価格で買える製品ということで選択肢に上がったのが玄人志向だ。

■バルクはガチャみたいなもん
ショップ保証だけのバルクは、オンラインゲームのガチャみたいで当たりを引けば超お買い得だが、はずれ(初期不良)を引くと交換期限の7日以内に再びアキバに出向く必要がある。ひどいケースだとショップ保証期限の翌日にお亡くなりになるなんてこともあるから悲しい。

筆者の場合アキバと自宅の往復だけで1,600円弱かかるので電源の交換でさらに1,600円弱かかるとなると3,200円弱にバルク電源が3,500円として6,700円ちょっとかかる計算になる(おいおい、まともな電源買えるじゃんかよ)。

この値段だと、先日玄人志向がリリースしたATX電源「玄人志向 / STANDARDシリーズ / ATX電源」の600Wモデルが市場予想価格で6,700円前後なので、ちょうど買えてしまう計算になる(バルクの電源が初期不良だったという都合のいいケースの場合)。ただし筆者が必要な電源容量は500Wなので、それだと5,700円前後。玄人志向製品なら、歩いて行ける近所のPC D■POTでも扱っている。1,600円出してアキバに行って3,500円のバルクのATX電源(500W)を買うと5,100円かかる。

アキバ往復の時間は2時間ちょっと、15分歩いていくと玄人志向の500Wモデルで5,700円前後。ということで玄人志向の勝ち。こうした条件を加味して何を買うかを決めるのも賢い買い方のひとつだろう。

製品が入荷するのが6月中旬頃とのことなので、それまで、「がんばれ電源!」と応援しつつ、電源交換が可能になるまで、だましだましPCを使い続けようと決意したのだった。高価で高性能なパーツまでは必要ないというときに、玄人志向のようなパーツは、非常にお手軽だし、そしてバルクと比べたときの安心感がワンランクアップする。それが玄人志向の魅力なのだと再確認した次第である。

もちろん“漢なら黙ってバルク”という人は、じゃんじゃん人柱になっていただきたいと思う。電源だけ一足はやくHaswell対応仕様になるのもうれしい、ということで製品詳細は以下

■玄人志向 / STANDARDシリーズ / ATX電源製品概要
型番:KRPW-SN600W/85+
規格:ATX12V Ver2.3 EPS12V Ver2.92準拠
電源容量:600W
入力:100V(90~132V)50/60Hz 9A
ファン:12cm静音ファン ※ファンコントロール機能搭載
サイズ:150(幅)×140(奥行)×86(高さ)mm
80PLUS:80PLUS BRONZE取得
PFC回路:ActivePFC搭載
保護回路:
・過負荷保護(OPP)
・過電圧保護(OVP)
・短絡保護(SCP)
保証期間:3年
店頭想定価格:6,700円前後(税別)
出荷予定:6月上~中旬予定

型番:KRPW-SN500W/85+
規格:ATX12V Ver2.3 EPS12V Ver2.92準拠
電源容量:500W
入力:100V(90~132V) 50/60Hz 9A
ファン:12cm静音ファン ※ファンコントロール機能搭載
サイズ:150(幅)×140(奥行)×86(高さ)mm
80PLUS:80PLUS BRONZE取得
PFC回路:ActivePFC搭載
保護回路:
・過負荷保護(OPP)
・過電圧保護(OVP)
・短絡保護(SCP)
保証期間:3年
店頭想定価格:5,700円前後(税別)
出荷予定:6月上~中旬予定

玄人志向/STANDARDシリーズ/ATX電源
玄人志向

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PCパーツの記事をもっと見る
これから訪れる暑さを乗り切るためにノートPC用の冷却スタンドはいかが?
GIGABYTEがハイエンドゲーマーおよび自作エンスー向けの専用Webサイトをオープン
OCZ Storage Solutionsよりエンタープライズ向けの2.5インチSSD
AndroidやiOSでも使えるSynology製の4ベイNASサーバー「DiskStation DS414j」
MSIよりIntel 9Xシリーズを搭載したマザーボード3製品


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る