ノートパソコンの中には、本体を小型化するために有線LANの端子を備えていない製品もある。また有線LAN端子を備えていたとしても、最新のギガビットに対応していないマシンもあるだろう。そうしたユーザーに向けて、ギガビットLANアダプターが登場する。

アイ・オー・データ機器は、USB 2.0接続のギガビットLANアダプタ「ETG3-US2」を7月下旬より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。メーカー希望小売価格は、3,400円(税込み)。
「ETG3-US2」は、USB2.0接続の高速ギガビット対応LANアダプターだ。USB2.0動作時は、ギガビットの転送速度をフルに活かすことができる。

本アダプターは、拡張スロットの少ない薄型ノートPCや省スペースデスクトップPCの拡張スロットを埋めることなく、常時ネットワーク接続を可能とする。

USBケーブルが一体型なので、パソコン背面側のUSBポートや狭いところに設けられたUSBコネクターにも簡単に装着することができる。

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
パソコンの概念を突き抜けよう!ものづくりへの取り組みと開発裏話を大公開
東芝とインテルが強力コラボ!教育用タブレットPCを商品化
Excel 2010の新機能でデータ分析に強くなる!
ソニー、VAIO F/Cシリーズで過剰発熱の不具合