世にいう“クラクラ”とはどんなゲーム? 編集部で試しにプレイしてみた

2014-06-10 03.07.41

クラッシュ・オブ・クランというスマホ向けのゲーム、英語表記では「Clash of Clans」、日本では親しみを込めて“クラクラ”と略される。最近テレビのCMでも見かけたことがあるという人もいるだろう。CMは「バーバリアン」「アーチャー」「ジャイアント」の3パターン。ゲーム内に登場しているキャラクターが実寸大のCGで登場。バーバリアンがスタジオの壁をぶち抜き、アーチャーは矢で照明を破壊し、ジャイアントはスタッフを引きずり回す。現実に彼らが存在しているかのようなおもしろCMに仕上がっている。


Youtubeで公開されているクラッシュ・オブ・クランのテレビCM(バーバリアン編)

■クラッシュ・オブ・クランってどういうゲーム?
いったいこのクラッシュ・オブ・クランは、どういった内容のゲームなのか? CMを見ても、良く分からないという人のためにざっくりと説明しよう。たとえばCMのナレーションで『造る、守る、仕掛ける、ハマる』と言っているが、基本はその通りだ。本作はRTS(リアルタイム・ストラテジー)と呼ばれる戦略ゲームに属する。ただ、PCゲームのRTSとは異なり、スマートフォンやタブレットでプレイする。

自分で村を造り、成長させ、クランに所属したら、そのクランで世界一を目指す。

自分で村を造り、成長させ、クランに所属したら、そのクランで世界一を目指す。

■どうやって遊ぶの?
まずは自分の村を造り、それを成長させ守りながら、敵を攻略していく。レベル2以上になれば、ネットワークを通しマルチプレイが可能だ。ゲームのタイトルにもなっている「クラン」と呼ばれる仲間たちの集まりに所属し、クラン同士でバトルをして最強のクランへと成長させ史上最強のクランを勝ち取ることを目指す。

ということで実際にプレイしてみた。

数時間でレベル10まで到達してしまった。

数時間でレベル10まで到達してしまった。

とにかく、プレイしているとあっという間に時間がたってしまう。久しぶりにプレイする筆者ですら、没頭してしまい数時間でレベル10まで到達してしまったほどだ。

本作、何も言わず、まずはプレイしてみてほしい。その簡単な進め方、そしてストレスを感じさせない成長速度と、ゲームバランスの良さで、初めてRTSに触れるという人でも、あっという間にその楽しさに引き込まれるのは間違いない。

クラッシュ・オブ・クラン公式
クラッシュ・オブ・クラン(App Store)
クラッシュ・オブ・クラン(Google Play)

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る