最大2Tバイトを持ち出せるUSB3.0対応ポータブルHDD「カクうす」登場

kakuusu001

最近ではメモリーカードの大容量化によって、かなりの大容量データーを持ち歩くことができるようになった。5~6万円の出費ができるなら2.5インチSSDの1TBを買ってきてポータブル外付けケースに入れて持ち運ぶなんてことも可能だ。

しかし、そこまでお金をかけてまでSSDにこだわる必要はなく、半値以下の2万円ちょっと出せば、2TBのポータブルHDDが購入できる。そちらのほうがコストパフォーマンスに優れる。

ということでアイ・オー・データ機器から新しく登場したUSB3.0対応のスタイリッシュなポータブルHDD「カクうす」を紹介しよう。

容量は500GB/1TB/2TBの3種類、色は黒とシルバーの2色だ。高精細な薄型アルミを採用し、軽量化も実現している。Macbook系や2-in-1のWindowsノートなどでは、簡単に内蔵ストレージが交換できなくなってきているので、カクうすを共に持ち運ぶことで容量不足を気にすることなく利用できる。
※MacOSでは別途フォーマットが必要

またバスパワー動作なので別途電源を用意する必要はない。ノートPCのUSBポートに接続するだけで利用可能になる。USB3.0対応のノートPCであれば最大5Gbpsの高速転送によって快適なデータのやり取りが可能だ。USB2.0にも対応しているので多少くたびれたノートPCで、元々内蔵ストレージの容量が足りないのを補う用途にも対応できる。

■製品概要
製品名:カクうす(HDPX-UTAシリーズ)
型番(色、容量)/価格
HDPX-UTA500KNEW(黒、500GB)/10,600円
HDPX-UTA1.0KNEW(黒、1TB)/14,300円
HDPX-UTA2.0KNEW(黒、2TB)/21,500円
HDPX-UTA500SNEW(シルバー、500GB)/10,600円
HDPX-UTA1.0SNEW(シルバー、1TB)/14,300円
HDPX-UTA2.0SNEW(シルバー、2TB)/21,500円
出荷:6月下旬出荷予定

カクうす(HDPX-UTAシリーズ)
アイ・オー・データ機器

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PCパーツの記事をもっと見る
高くなくていい、高性能も不要! くたびれたATX電源の交換に向くATX電源を考える
これから訪れる暑さを乗り切るためにノートPC用の冷却スタンドはいかが?
GIGABYTEがハイエンドゲーマーおよび自作エンスー向けの専用Webサイトをオープン
OCZ Storage Solutionsよりエンタープライズ向けの2.5インチSSD
AndroidやiOSでも使えるSynology製の4ベイNASサーバー「DiskStation DS414j」


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る