プレゼンで役立つ英語 ~日本人が間違えやすい表現 ~【Eigooo!英会話】

Confused

みなさん、こんにちは。Eigooo!のピーターです。毎週、ワンポイントの英会話を紹介する本連載。

前回はビジネスを円滑にする表現ということで、ワールドカップで使える英語を紹介しました。

今日は、プレゼンで日本人が間違いやすい表現を紹介したいと思います。

ビジネスパートナーのプレゼンを聞いて、分からないことがあったとします。
「少し分かりませんでした」と言いたい場合、「a」と「b」のどちらが正しいでしょうか。

a. I am confusing.
b. I am confused.

どちらの主語も「I」ですが、意味はまったく異なります。
「a」は現在進行形の「be+ing」、「b」は「be+過去分詞」の受動態になっています。

この場合、正解は「b」になります。

つまり「confuse」の意味は『対象となる人を混乱させる」という動詞なので

I am confusing. とは

「私が誰かを混乱させている」という意味になります。

そして

I am confused.

となると

「私が混乱させられている」という意味になり、この場合正解は「b」になるというわけです。

また、プレゼンで補足して欲しいことがあれば、次のように聞いてみましょう:

I’m sorry, I’m a little confused about this point.

Could you explain it a little more?

すみません、少し分かりにくいお話でしたので
もう少し詳しく説明していただけませんか?

「分かりませんでした」はもちろん「I don’t understand.」でもOKですが、

I don’t understand.」の場合は、自分がそのことに関して完全に分かっていないことになります。

少しだけわからなかった点があるときは「I’m confused.」を使いましょう。

I hope you are not confused!

See you next time!

Let’s Eigooo!

(ピーター先生)

チャットで英会話「Eigooo!」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事をもっと見る
どこを応援していますか?~ ワールドカップ編 ~【Eigooo!英会話】
アナタは知ってました? 海外におけるビジネスマナー~正しい握手の方法~【Eigooo!英会話】
自己紹介は大丈夫?初めての挨拶【Eigooo!英会話】
リスティング広告の適切な入札価格をはじき出すデジタルマーケティングラボの「入札単価のテクニック」
vmwareとWIREDによる「ITを活用した多様な働き方」セミナー開催

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る