3D映画をはじめ、3Dテレビや3Dパソコンなど、今年は何かと3Dが話題だ。それもそのはず、本年は「3D元年」とも呼ばれ、家庭にも3D機器が浸透すると言われている。そうした市場に対し、富士フイルムが新たな商品を投入する。

富士フイルムは、高画質で自然な3D映像が撮影できる3Dデジタルカメラの新製品として、3Dハイビジョン動画の撮影を可能にした「FinePix REAL 3D W3」を、2010年9月4日より発売すると発表した。撮影した映像は、カメラ背面に搭載した3.5型115万ドット「プレミアムクリア3D液晶」で、専用メガネを使わずにその場で観賞することができる。
価格は、オープンプライス。

■3Dハイビジョン動画の撮影もできる
「FinePix REAL 3D W3」は、2つのレンズと2つのCCDを搭載し、被写体を異なる角度から同時に撮影した2枚の画像を取り込んで瞬時に3D映像に合成。自然で高画質な3D 画像が撮影できる。今回、信号処理能力を強化した新開発「リアルフォトエンジン3D HD」を搭載することにより、3Dハイビジョン動画のオート撮影が可能になった。

撮影したオリジナルの3D映像は、背面の液晶モニターに表示して専用メガネを使わずにその場で観賞できるほか、HDMIケーブルを使ってカメラを直接3Dハイビジョンテレビに接続し、迫力の大画面で楽しむことができる。また、3Dパソコンでの再生も可能だ。

なお、カメラの発売に合わせ、「FUJIFILM 3Dプリント」についても、本年2月に開発発表した新しい「FUJIFILM 3Dプリントシステム」を使ったサービスのご提供を開始する予定。

富士フイルムは、「撮影」から「出力」に至るすべての製品・サービスを手がけるイメージング分野のリーディングカンパニーとして、今後も3D映像をより身近に楽しめる新製品開発を進め、豊かな映像ライフを提供していくとしている。

富士フイルム

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
あなたの感性が勝負!リコーフォトコンテスト応募で世界が広がる!
音楽だけじゃない!動画視聴や語学学習もできる高性能ミュージックプレイヤー
デジ一眼とネコが夢のコラボ!PENTAX K-xが猫カフェに登場
実売4千円台!デジカメで撮った場所を記録できる低価格なGPSロガーが登場

デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方
著者:荻窪 圭
MdN(2009-05-01)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る