通勤や通学の電車の中で、ポータブル音楽プレイヤーで音楽を聴く習慣がある人は多いだろう。そうした音楽プレイヤーの中には、携帯性に優れてはいるが、メディアの容量が少ないために好きな音楽をすべて詰め込めないと悩んでいる人はいないだろうか。また、ハードディスク(HDD)を搭載した大容量の音楽プレイヤーを持っている人の中には、バッテリーの持ちがイマイチだという人もいるだろう。そうした悩みを持っている人に朗報だ。

コウォンジャパンは、大容量HDDと強力バッテリーを搭載したMP3プレーヤー COWON X7を2010年11月19日より発売する。
直販価格は、160GBの「X7-160G-BK(ブラック)」が2万9,800円(税込み)、120GBの「X7-120G-WH(ホワイト)」が2万5,800円(税込み)。

■39種類の多様なエフェクト付き
COWON X7は、文字が見やすい大画面4.3インチワイドタッチディスプレイに、4万曲保存可能な最大容量160GBのハードディスク。音楽連続再生時間は103 時間も誇る強力バッテリーに、39種類のエフェクトで多彩なジャンルの音楽も簡単に高音質に出来るJetEffect3.0も標準搭載。多彩な録音機能を含む充実のマルチプレーヤーだ。

39種類の多様なエフェクト効果を持つ「JetEffect3.0」と、原音に近い形で再現させる音響効果BBEをさらに進化させた「BBE+」を標準で搭載。MP3やWMA、WAVといったスタンダードなファイル形式はもちろんのこと、無損失の可逆圧縮ファイル(FLAC)やその他多数のファイル形式にも対応。区間リピートや再生速度変更機能も対応しているため、ゆっくりと単語の発音を聞き取りたいというニーズにも合い、語学学習などにも活用できるようになっている。さらに、曲間をなくすギャップレス再生やM3Uプレイリストにも対応する。

■大画面で動画も再生できる
液晶画面は、高彩度1,600万色の大画面4.3インチのタッチディスプレイだ。文字も大きく、操作も簡単に行える。音楽と共に高音質エフェクトJetEffect3.0を動画閲覧時に使用可能だ。大画面で迫力ある映像と共に、高音質なサウンドで動画を楽しむことができる。

動画は、AVIやWMVのほかに、ASFファイルにも対応する。その他のファイル形式に関しては付属の変換ソフト(Jet Audio)を使用して変換することで様々な形式の動画の再生も可能だ。

なお、X7で再生可能な動画は別売りのTV-OUTケーブルを利用することでテレビへの動画出力もできる。別途オプション品TV-OUTケーブル必要とするが、パソコンで大量に録り溜めた動画を大画面のテレビで楽しむことができる。

コウォンジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
3Dの薄型テレビは3Dパソコンよりも人気!JEITAが調査報告を発表
メガネなしで3Dが見られる!デジタルフォトフレーム「EXEMODE PF-3D8」が登場
3Dがもっと身近に!ニコン、ネット活用で3Dコンテンツを普及へ
スタンダードモデルもLEDバックライトに!LED REGZA「AE1」シリーズ登場

Canon インクタンク BCI-321(BK/C/M/Y)+BCI-320 マルチパックCanon インクタンク BCI-321(BK/C/M/Y)+BCI-320 マルチパック
キヤノン(2008-10-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る