今後拡大が予想されるタブレット端末市場にいち早く対応し、2010年9月にWindows 7 Home Premiumを搭載した「スレートPC」を発表したオンキヨーが、新たな端末を発表した。

オンキヨーは2010年12月、既存のノートブックのラインアップとは一線を画す個性的なモバイル製品「パーソナルモバイル」の新シリーズとして、オープンプラットフォームAndroid 2.2 をベースとした「TAシリーズ」を12月末より販売する。

「TAシリーズ」は、本体からキーボードを排し、タッチパネル式ディスプレイを搭載したAndroidベースのタブレット端末であり、同社は「SlatePad(スレートパッド)」と読んでいる。

プロセッサには、NVIDIA Tegra 250プロセッサを搭載し、高速なWeb ブラウジングや高いグラフィック性能を備える点が大きな魅力だ。

また、タブレット端末では大画面となる10.1 型ワイド液晶ディスプレイを搭載しながらも、薄さ14.8mm・軽さ約800g の薄型・軽量ボディを実現した点も見逃せないものがある。

「TAシリーズ」は、予算や用途に合わせて選択できるように、2モデルが用意されている。「TA117C3」には16GB フラッシュメモリーを、「TA117C1」は8GB フラッシュメモリーをストレージデバイスとして備える。また、端末本体にはUSB2.0 ポートやmicroSDメモリーカードスロットを搭載したことで、データのやりとりがスムーズに行える。さらに、HDMI 出力端子やUSB2.0 ポートなど様々な端子を装備した「TAシリーズ」専用のドッキングステーションも合わせて販売される。

なお、「TAシリーズ」は、Android をベースとした様々な企業向けサービスやニーズに対応するため、一部のデバイスやアプリケーションソフトウェアの作り込み、カスタマイズ等をパートナー企業やソフトウェアベンダーと協業し、企業からの要望に十分応えられる専用端末に作り上げていくとしている。

今回の製品発表により、オンキヨーはWindows OS ベースの「スレートPC」に加え、Android ベースの「スレートパッド」を新たに製品ラインアップに加えることができた。同社は、タブレット端末事業のコンセプトである「OPEN!(オープン)」を活かし、コンシューマーユースならびにビジネスシーンにおけるタブレット端末市場の更なる拡大を目指す構えだ。

オンキヨーはタブレット市場の覇者となれるだろうか。

オンキヨー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■オンキヨー関連の生地をもっと見る
高品位な低音を再現!iPhone/iPodを本格オーディオにする秘密兵器
音楽再生環境にこだわった オンキヨーの直販専用秋冬モデル
iPadに強力なライバル!Windows 7のタブレット端末が登場
3Dノートパソコンも登場!オンキヨー、ノートPCの秋冬モデルを発表

BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
バッファロー(2010-05-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る