XperiaやiPhoneが海外で使える!便利なWi-Fiルーターレンタルサービス
NTTドコモのXperia(SO-01B Sony Ericsson製)の発売で日本のスマートフォン市場が大きく活気づいている。今月にはソフトバンクからHTC Desire(X06HT)も発売されることから、スマートフォン新製品の話題が毎日のようにネット上を賑わしているほどだ。Apple iPhoneのヒットもあり、スマートフォンを利用する層も大きく拡大している。スマートフォンは一般的な「高機能携帯電話」とは違い、単体の機能や通信事業者のサービスとの連携よりもインターネットサービスの利用に適した製品でもある。日常の情報収集やブログなどの利用、Twitterなど、スマートフォンを日夜活用している人の数は日々増えているようだ。


話題騒然のiPad、日本での販売方法はどうなる?
4月3日に発売開始されたAppleのiPad。初日の販売台数は30万台とのことで、出だしから人気は上々だ。今後複数の国での発売が予定されているが、初代iPhone同様「まずはアメリカから」という先行発売の話題性の効果もあって、世界中の注目がiPadに向けられている。これまでもタブレットタイプのPCは複数の製品が登場したが、iPadほど大きな注目を集めた製品は無かっただろう。


SIMフリーの海外スマートフォンが日本で使える日が来た
日本通信はデータ通信可能なSIMカード「通信電池 b-mobileSIM」を4月5日から販売開始すると発表した。世界的な「SIMフリー」の流れを日本でも推進するための製品とのことで、今後の日本でのSIMロック解除の動きに大きな影響を与えそうである。一方。この製品の登場は海外の端末メーカーにとって大きな朗報だろう。海外メーカーの日本市場参入ではSIMロックが大きな障壁となっていた。「メーカー端末で現実的に利用できるSIMカード」いよいよ販売されることで、海外のようなメーカー端末市場が日本でも形成される可能性が高まるからだ。


ブレイク必至!今後のトレンド「mini」スマートフォンってなんだ
2010 年2月15日から18日までスペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congress 2010は、世界最大の携帯電話関連のイベントである。ここ数年、携帯電話メーカー各社も本イベントに合わせて新製品を発表することが多く、今年も意欲的な製品の展示がいくつか見られた。その中で目立っていたのが、端末名に「mini」の名称を付けた製品だ


第二の黒船となるか!iPadが変える携帯電話の売り方
Appleが先月発表したiPadは携帯電話とネットブックの間を埋める製品だ。常用できるWEB端末や電子ブック端末など様々な用途として利用できることから大きな期待が寄せられている。Appleの新製品はここのところ毎年夏前に発売されるiPhoneに大きな注目が集まっているが、iPadもまた iPhoneと同様に広いターゲット層に話題を提供する製品となりそうである。


電子ブックリーダーKindleの大きすぎる可能性
米 Amazonが発売する電子ブックリーダー「Kindle」の売れ行きが好調だ。Amazonによると2009年のクリスマスシーズンに同社でもっとも売れた電子端末はKindleだったという。また同年クリスマスの12月25日、Kindle向けの電子ブック販売量が初めて紙の書籍販売数を超えたとのことである。AmazonはKindleの販売量をあきらかにはしていないが、電子ブックを販売するプラットフォームとして同社の柱となる製品になっているようだ。


日本販売の可能性は?販売方式も型破りなGoogle Nexus One
GoogleからAndroidスマートフォンの本命ともいえる「Nexus One」が販売開始された。細かいスペックなどはすでに多くのメディアで報道されている通りで、Android OS 2.1を搭載したフルスペック端末だけに世界中から注目を集めている。Googleは自らは端末を生産せず、各メーカーから多数のAndroidスマートフォンをラインナップさせると考えられていたことから、今回のNexus Oneの発売には驚きの声も上がっている。今後、各Android端末製造メーカーは本家ともいえるGoogleの製品とも競争しなくてはならなくなったわけだ。


日本発売の期待もある?BlackBerry Bold 9700が発売
ビジネスユーザーに人気のBlackBerryに待望の新機種が登場した。3G/HSDPAに対応したBold 9700だ。BlackBerryの3G対応機種は実は少なく、QWERTYキーボードを備えた端末としては8707、Bold 9000、Tourに続き4機種目である。Bold 9700の対応通信方式はGSM 4バンド+W-CDMA 850/1900/2100MHz。同じ方式に対応したBold 9000の後継機といえそうである。


MotorolaがAndroidスマートフォンで復活か
MotorolaがAndroidスマートフォンで攻勢をかけている。2009年11月にアメリカで発売された「Droid by Motorola」がヒット。そのヨーロッパ版と言える「Milestone」も出だしは好調とのことだ。さらに中国向けにもスマートフォンの投入を発表している。ここ数年ヒット作に見放されていた同社にとって、Androidスマートフォンは救世主になろうとしている。


Sony Ericsson、「XPERIA X10」で日本や世界へ巻き返しを図る
Sony EricssonはAndroid OSを採用したスマートフォン「XPERIA X10」を発表した。2010年2月にイギリスを皮切りに全世界で発売される予定だ。販売不振が続く同社の切り札となることが期待されており、日本でも発売されることが予定されている。XPERIA X10のスペックはHSDPA 3バンド対応、ディスプレイは4インチ854x480ピクセル、CPUはSnapdragon 1GHz、8メガピクセルカメラなどハイスペックスマートフォンに相応しいものになっている。


「Twitterケータイ」が登場、SNS端末はトレンドになるか
ヨーロッパなどで携帯電話事業を展開している「3」(スリー)はTwitterやFacebookにワンボタンでアクセスできるINQ Mobile製の「Mini 3G」を発売開始した。ストレート型の小型な端末で、背面全体の電池カバー部分は赤や青、黄色など派手な原色を使っているのが特色だ。通信方式は3Gと HSDPAに対応、200万画素カメラと8GBの外部メモリに対応するなどスペックは日常的に使うには十分。またTwitter、Facebook、 Windows Live Messanger、Skypeに対応しておりSNSサービスの利用に特化している。


Palmの復活なるか? Palm Preがヨーロッパで発売
6月に北米で発売されたPalmのスマートフォン「Palm Pre」がヨーロッパでも発売開始となった。Palm Preは同社が開発してきた「Palm webOS」を搭載した次世代スマートフォンと言える製品だ。iPhone、Android、BlackBerry、Windows Moible、そしてNokiaのS60などライバルが多いスマートフォン市場でPalmはシェアを回復できるだろうか?


Androidの皮を被った中国製「Ophone」は、本家Google携帯を凌ぐか
世界最大の携帯電話加入者数を誇る中国移動は、OMS(Open Mobile System)を採用したフルタッチスマートフォン「Ophone」を発表した。OMSのベースOSはGoogle Android。新しいオープンなソフトウェアプラットフォームとして多くのパートナーが参加する予定だ。Ophoneは中国移動が開発したプラットフォームとはいえ、端末はメーカーブランドとして複数社から登場する。


シェア急上昇!iPhoneを上回ったBlackBerryの戦略
Vodafoneのネットブック登場!世界バンドル格安で「キャリアノートPC」時代がくる
なんでそこまでフルキーボード? ここが変だぞアメリカの携帯トレンド
大手2社が新端末! Androidケータイが今年のトレンドとなる理由
ドコモユーザーがiPhoneを使える日はくるのか?
日本未発売の話題の海外ケータイがクリスマス商戦で激突

一足先にWiMAX体験 便利な韓国のレンタルサービス - 2008年10月08日10時00分
海外のスマートフォンの「アクセサリ」のゲット術 - 2008年09月24日10時00分
iPhoneで「世界標準」のショートメール(SMS)を活用する - 2008年9月18日10時00分
海外でも格安でデータ通信する方法!プリペイドデータ通信キット - 2008年9月04日10時00分
海外旅行でスマートフォンを活用できる翻訳ソフト - 2008年8月28日10時00分

iPhone 3Gは本当の黒船!世界のケータイ文化を日本に連れてくる - 2008年8月14日10時00分
EMONSTERで700円のパケット定額を利用する in 不夜城マカオ - 2008年7月10日10時00分
iPhone対抗というのは間違いだ!Samsung「OMNIA」の真の姿 - 2008年6月25日10時00分
オリンピック間近 北京のネット環境は意外と大丈夫 - 2008年5月05日10時00分
世界最大のケータイ市場はメーカー乱立 - 中国携帯電話最新事情 - 2008年5月26日10時00分

海外でのケータイの使い方!GWの海外旅行には携帯電話を持っていきたい - 2008年5月27日09時00分
モバイルブロードバンド(HSDAP)が実現するメーカーの海外進出 - 2008年4月17日10時00分
iPhoneで人気の「タッチパネル」はケータイを変えていくか - 2008年3月28日10時00分
日本メーカーの活路は海外にあるか? 拡大する世界の携帯電話市場 - 2008年3月14日10時00分
海外で手軽にパケット定額術 便利なプリペイドSIMカード活用 -2008年2月28日10時00分

通信キャリア連合がケータイ市場にもたらすメリット - 2008年1月31日10時00分
auは海外で生き残れるか? 海外の“CDMA”が減少へ - 2008年1月17日10時50分
"モバイルWiMAX"は日本メーカーの救世主となるか - 2008年1月04日10時00分
INFOBARを海外へ - 海外で評価される日本端末を活かせ - 12月13日10時00分
1なぜ日本国内だけ利用制限?日本の定額データプランの謎 - 11月22日10時00分

やればできる!日本の携帯基本料金もようやく海外レベルに? - 11月08日10時00分
iPhone販売にみる"SIMロック"の限界 - 11月01日10時00分
日本より便利な海外通信!無線もケータイも自動切り換え - 10月18日10時00分
iPhoneを日本は受け入れられるか? キャリアからメーカー端末へ - 9月27日10時00分
1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵 - 9月13日10時00分

ドコモの2in1より便利? 中国のデュアルSIMカード端末 - 08月23日10時00分
複雑怪奇な日本のケータイ料金!不透明な"割引"は解決できるのか? - 08月09日10時05分
日本発の技術は海外で葬られるのか?- 国内とかけ離れる海外PHSの現状 - 07月30日10時00分
世界で勝つケータイメーカー!PRADA携帯をしかけた"LG電子"躍進の秘密 - 07月19日10時00分
売れる海外ケータイの秘密!ユーザーニーズに対応できない日本 - 06月28日10時00分

ドコモは世界に反撃できるか? 海外でiモードは普及するのか? - 06月14日10時00分
日本のケータイビジネスはぬるい?激烈な海外の新製品発表競争と格差 - 05月31日10時00分
びっくりケータイ集合!こんなものまであるのか?中国面白携帯事情 - 05月17日10時00分
"ブランド品"ケータイをもてない日本人! "PRADA Phone"にみるブランド電話の魅力 - 05月03日10時00分
国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流 - 04月19日10時00分

海外の市場の強さは"中古ケータイ市場"! 日本は、もう追いつけないのか? - 04月05日10時00分
"ブランド力"で海外に勝てない日本端末 - 03月29日10時00分
世界はモバイルインターネットの時代へ - 03月02日10時00分
SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情 - 02月01日10時00分
モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差 - 01月11日10時00分

著者:山根康宏
著者サイト:「山根康宏WEBサイト」

前のページへ