同僚や部下を紹介するときは何て言う?~人を紹介する表現~【Eigooo!英会話】

tanin

みなさん、こんにちは。Eigooo!のピーターです。毎週、ワンポイントの英会話を紹介する本連載。

来客時に使える英語ということで、「フレンドリーな挨拶」の英語表現を紹介しました。

今日は、自分ではなく同僚や部下を紹介する時に使える表現を紹介したいと思います。

訪問先の会社やビジネスイベントで同伴している同僚や部下を紹介する機会が訪れたとして、どういう表現が良いでしょうか。

紹介するのが自分の友達であれば、ご存知のように下記のような表現をします。

This is my friend Peter.
こちらは私の友人、ピーターです。

これがビジネスとなると、下記のような丁寧な表現を使います。

I would like to introduce my co-worker, Peter.
私の同僚のピーターを紹介させてください。

アメリカやヨーロッパでは、日本のように先輩・後輩の区別をしません。
そのため年上でも関係なく「co-worker(同僚)」と表現します。

「I Would like to」は、基本的には「I Want to」と同じ「求める」という意味ですが、より丁寧な表現になります。

「私は同僚のピーターを紹介したいです。」が「I Want to」ですが

「I Would like to」では、より丁寧に

私は同僚のピーターを紹介することを希望したいと思います。」と、さらに深い言葉使いにすることで丁寧さを表現します

機会があれば、「Want to」 の丁寧な表現として「Would like to」を使ってみましょう。

That’s all for this week!

I would like for you all to try this phrase next time you introduce someone!

(ピーター先生)

チャットで英会話「Eigooo!」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事をもっと見る
来客時に使える英語表現~フレンドリーな挨拶~【Eigooo!英会話】
営業先で使える英語表現!~もうかりまっか?を英語で言うと?~【Eigooo!英会話】
名刺交換の際に役立つ表現!~ ビジネスイベントやトレードショウで使える英語 ~【Eigooo!英会話】
プレゼンで役立つ英語 ~日本人が間違えやすい表現 ~【Eigooo!英会話】
どこを応援していますか?~ ワールドカップ編 ~【Eigooo!英会話】

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る