2010年のデジタル一眼レフカメラの出荷台数(全世界)は、対前年比約27%増の約1,300万台に達しました。2011年は世界経済の回復にともない、デジタル一眼レフカメラ市場は、対前年比で約15%増の約1,500万台と、順調な拡大が見込まれています。そうした市場に向けて、キヤノンが新たな製品を投入する。

同社は、エントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X5」をはじめ、「EOS Kiss X50」や外部ストロボ2機種などを、2011年3月3日から順次発売すると発表した。価格は、オープンプライス。

本製品は、キヤノンのデジタル一眼レフカメラのラインナップとしてはエントリーモデルにあたるが、凄いと感じる3つの理由がある。

■シーンに応じて最適な画像が得られる - シーンインテリジェントオート
「EOS Kiss X5」は、「EOSシーン解析システム」が人の顔や被写体の色、明るさなどの撮影シーンの状態を解析した結果を元に、露出、ピントなどに、ピクチャースタイル(色合い)を新たに加えた5つのオート機能が連動する全自動撮影機能「シーンインテリジェントオート」を搭載した。これにより、「自然や屋外」「人物」「夕景」などの多彩なシーンに応じて、最適な画像を簡単に得ることができる。

■自由なアングルでの撮影が可能 - バリアングル・クリアビュー液晶モニター
「EOS Kiss X5」では、EOS Kissシリーズ初となる「バリアングル・クリアビュー液晶モニター」の搭載により、ハイアングルやローアングルでも、モニターを見ながらアクティブに撮影を楽しむことができます。

■フルHD動画の楽しさを広げる「ビデオスナップ」「動画デジタルズーム」
フルHDでの動画撮影機能をさらに強化しました。数秒の単位で撮影した複数のシーンをつなげてBGMをつけたショートムービーを簡単に作ることができる「ビデオスナップ」機能や、最大約10倍までのズームが行える「動画デジタルズーム」機能を、EOSシリーズに初めて搭載しました。これにより、動画を撮影する楽しさだけでなく、鑑賞・共有する楽しさも広がります。

「EOS Kiss X5」は、全自動撮影機能「シーンインテリジェントオート」や、動画撮影をより簡単に楽しめる機能などを新たに搭載したことにより、「撮る」「表現する」「見る・見せる」楽しさを、さらに追求したエントリー向けの高性能デジタル一眼レフカメラというわけだ。

キヤノン

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■デジ一眼に関連した記事をもっと見る
BONNIE PINKとコラボの「K-r」!100セット限定のデジ一眼
話題の小型デジ一眼に新モデル!ソニー「NEX-5」に新色
新世代へ進化したマイクロ一眼!「OLYMPUS PEN Lite E-PL2」のねらい
伝説のコラボ再び!デジ一眼「K-r コレジャナイロボモデル」を発売へ

BUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-G301NBUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-G301N
バッファロー(2009-12-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る