複雑なパスコードでiPhoneやiPadを安全に守る【知っ得!虎の巻】

53d3b563

iPhone 5s/5c、iPad Air/iPad mini Retinaディスプレイをアクティベートするときには、パスコードの設定画面が出てくる。これまでは、iPhoneやiPadをロックなしで使うユーザーも多かったが、今後はパスコードロックを使用するユーザーは増えてくるだろう。

ただし、4桁の数字は見破られやすい。ついつい自分や家族の誕生日などを設定している方も多いのでは? そこで今回は、英字と数字を複数組み合わせた複雑なパスコードの設定方法について、みてみよう。

■知っ得No.555 複雑なパスコードを設定する
複雑なパスコードを設定する方法については以前にも紹介したことがあるが、iOSが7になったので、改めて解説しておきたい。英字や数字を組み合わせて桁数の多いパスコードを設定することで、誰かがiPhoneやiPadを勝手に使うことを防ぐことができる。


画面1 ホーム画面の[設定]をタップして、設定画面を開く。[一般]の[パスコードロック]をタップする(画面はiPad airのもの、iPhone 5sでは「Touch IDとパスコードになっている」)。この後、パスコードの入力画面が表示されたら、現在設定しているパスコードを入力する。



画面2 [簡単なパスコード]をオフにする。この後、現在設定しているパスコードを入力する。



画面3 英字や数字を組み合わせた、複雑なパスコードを入力する。


この後、確認のため、もう一度パスコードを入力すれば、設定は完了。スリープ画面から復帰の際には複雑なパスコードが求められるので、iPhoneやiPadをより安全に利用できるようになる。ただし、複雑にしたために思い出せなくなることがないように、注意しておこう。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2014 LINE Corp. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
Firefoxでくるくる検索サイトを切り替えれる便利アドオン
WordやExcelで何段階か前の状態に一気に戻す
プライバシーを守ってWindows 8.1を使う
Tumblr、プレビューを見ながら簡単テーマカスタマイズ



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る