ヤマハよりD/Aコンバーター内蔵でハイレゾ音源にも対応するプリメインアンプ3機種

img_50039_1

株式会社ヤマハミュージックジャパンは、アナログ音源から最新のハイレゾ音源まで、あらゆるオーディオソースを高純度な音質で楽しめ、USB DAC機能を搭載するプリメインアンプ「A-S801」を10月中旬より、D/Aコンバーター内蔵プリメインアンプ「A-S501」「A-S301」の3機種を9月下旬より、それぞれ発売する。

■オーディオ入門~中級クラスのプリメインアンプ
今回発売する「A-S801」「A-S501」「A-S301」は、ヤマハ伝統の“ToP-ART”思想(後述)に基づく高音質ディスクリート構成パワーアンプ、USB DAC(A-S801)、光/同軸デジタル音声入力端子、Phono(MM)を含む6系統のアナログ音声入力端子などを装備し、最新のハイレゾ音源からレコードプレーヤーをはじめとするアナログ音源まで、あらゆるオーディオソースを高純度な音質で楽しめるステレオプリメインアンプだ。

上級機となる「A-S801」。カラーはシルバーとブラックの2色

上級機となる「A-S801」。カラーはシルバーとブラックの2色

このうち、上級機の「A-S801」には米ESSテクノロジー製の「SABRE 32」D/Aコンバーター(ES9010K2M)を採用。DSD5.6MHz(DSD128)ネイティブ対応、384kHz/32bit対応(Windows接続時)の高性能USB DAC機能を搭載。

米ESSテクノロジー製の「SABRE 32」D/Aコンバーター(ES9010K2M)を採用

米ESSテクノロジー製の「SABRE 32」D/Aコンバーター(ES9010K2M)を採用

また「A-S501」と「A-S301」にはバーブラウン192kHz/24bit対応D/Aコンバーターを搭載し、光/同軸デジタル出力を備えたオーディオ機器やテレビ、ビデオゲーム機、パソコンなどをデジタル接続して手軽に高音質化できる。

ミドルレンジ向けの「A-S501」

ミドルレンジ向けの「A-S501」

入門機となる「A-S301」

入門機となる「A-S301」

■DSD5.6MHzネイティブ&PCM384kHz対応のハイグレードUSB DAC機能
「A-S801」には、米ESSテクノロジー製の32bit・2ch仕様の高性能D/Aコンバーター「SABRE 32」(ES9010K2M)、ヤマハオリジナルのUSBデバイスコントローラー、および最新オーディオインターフェイス規格「ASIO2.3」準拠のヤマハ・スタインバーグ製ドライバーを採用したハイグレードなUSB DAC機能を搭載。

■“ToP-ART”思想に基づく強力なパワーアンプ
ヤマハ伝統の“ToP-ART”思想に基づくシンメトリカル&ダイレクトな回路レイアウト、独自のアートベースとスチールフレームとを組み合わせた制振・高剛性設計を採用したパワーアンプ部は、「A-S801」が定格出力100W×2のパラレルプッシュプル構成、「A-S501」が定格出力85W×2のシングルプッシュプル構成、「A-S301」が定格出力60W×2のシングルプッシュプル構成。大容量パワーサプライと相まって、あらゆるスピーカーを余裕をもって鳴らし切る強力なドライバビリティを発揮。

“ToP-ART”思想に基づくシンメトリカル&ダイレクトな回路レイアウト

“ToP-ART”思想に基づくシンメトリカル&ダイレクトな回路レイアウト

■音の純度を高めるCDダイレクトアンプ&ピュアダイレクトスイッチ
トーン/ラウドネス/バランスの各コントロールと後段バッファーアンプをバイパスし、全入力での音質向上を実現する「ピュアダイレクトスイッチ」を全機種に搭載。さらに「A-S801」には、CD入力端子とボリューム(音量調整)間を差動増幅バッファーアンプを介して直結し、信号経路上で発生する歪やノイズをキャンセルして音質を向上させるヤマハ独自の「CDダイレクトアンプ」も採用した。いずれも音の純度をより高め、音楽の微妙なニュアンスを聞き分けて楽しむことができる。

全入力での音質向上を実現する「ピュアダイレクトスイッチ」

全入力での音質向上を実現する「ピュアダイレクトスイッチ」

■192kHz/24bit対応・光/同軸デジタル入力
最大192kHz/24bit対応の光/同軸デジタル音声入力を全機種に装備。CD/DVDプレーヤーなどのオーディオ機器はもちろん、オーディオシステムのそばで使っているテレビやビデオゲーム機、パソコンなどのデジタル音声出力をアンプに接続すれば、さまざまなソースを手軽に高音質化できる。

■ヤマハの「ToP-ART」(トップアート)について
シンメトリカル&ダイレクト。音楽信号の流れに忠実であることを目指したヤマハ伝統のピュアオーディオ設計思想がトップアート。

“ToP-ART”(Total Purity Audio Reproduction Technology)とは、シンメトリカル(左右対称コンストラクション)&ダイレクト(信号経路のストレート化・最短化)にこだわった回路レイアウトと、不要振動を吸収・遮断する独自の特殊樹脂フレーム“アートベース”を搭載した制振・高剛性シャーシとの組み合わせによって、機器内部の環境が常に音楽信号の流れに忠実であることを目指した、ヤマハ伝統のピュアオーディオ設計思想の総称。音楽信号の純度と正確なステレオイメージを守り、揺るぎないドライバビリティ(スピーカー駆動力)を生み出す技術である。

■製品概要
型番:A-S801
カラー:シルバー/ブラック
本体価格:100,000円(税抜)

型番:A-S501
カラー:シルバー
本体価格:60,000円(税抜)

型番:A-S301
カラー:シルバー
本体価格:40,000円(税抜)

A-S801
A-S501
A-S301

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事読む
テレビの下に置くだけでリアルサラウンドが楽しめるヤマハのTVサラウンドシステム「SRT-1000」
ドラえもんの誕生日を記念した腕時計「Doratch Limited Edition’14-’15」発売
iOS端末、MacやWindowsで使えるMIDIインターフェイス「IK Multimedia iRig MIDI 2」
専用雲台「星空雲台ポラリエ(WT)」と併用してタイムラプス撮影ができるアダプター
世界初の4K解像度で30p撮影を実現したウェアラブルカメラ「HX-A500」


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る