LINE友だちと共有できる画像・動画管理アプリ「LINE Toss」のAndroid版が先行公開

  • 2014-8-29
  • LINE友だちと共有できる画像・動画管理アプリ「LINE Toss」のAndroid版が先行公開 はコメントを受け付けていません。
TOSS001

LINE株式会社は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」(ライン)の新たなファミリーアプリとしてLINE友だちと共有できる画像・動画管理アプリ「LINE Toss」(ライン トス、無料)のAndroid版を先行公開した。なお、iPhone版は、近日中の提供開始を予定しているという。

アプリ開発の背景
最近ではスマートフォンユーザーの多くが、LINEで送ったり、SNSに投稿したりといった目的で端末のカメラ機能やカメラアプリを使用し、頻繁に画像や動画を撮影している。これにより撮影したデーターが大量にスマホ内に蓄積されていくことになる。その結果、データーの管理が煩雑になり、特定の写真を探し出すのに手間がかかるといった弊害が出てきた。それを解決すべく登場したのが「LINE Toss」であるというわけだ。

「LINE Toss」では、撮影した日時の時系列で表示される「Timeline view」と撮影された場所の位置情報をもとに地図上に表示される「Area view」の2つのUI(ユーザー・インターフェイス)で、スマホ内に保存した画像や動画が自動的に整理される。そのため直感的に閲覧することが可能になった。

さらに、日付ごとや場所ごとに整理された画像・動画をまとめて、データー容量の制限なく(※1)一度にLINEの友だちに送信でき、日時・位置情報(※2)も併せて共有が可能だ。例えば旅行やイベント時の画像・動画の多数での共有やイベント集合場所の案内、おススメの飲食店の紹介など、様々な場面で活用することができる。

※1:1ファイルあたりの送信可能容量は最大500MBまで
※2:位置情報の共有は、設定画面でON-OFFの切り替え可能

「Area view」
世界地図から詳細な市街図まで拡大縮小できる地図上に画像・動画が表示されるので、撮影された位置情報をもとに直感的に画像・動画を管理することができる。表示されたサムネイルをタップすると同じ位置で撮影された画像・動画が時系列で表示される。

「Timeline view」
画像・動画が撮影された日時順の時系列に表示され、徐々にスクロールするだけでなく、大きくスワイプすることで表示されるバーをドラッグすることで、素早く過去に遡って画像を閲覧することもできる。

左が「Area view」で右が「Timeline view」

左が「Area view」で右が「Timeline view」

なお「LINE Toss」を通じて共有された画像や動画は「LINE Toss」アプリ内での閲覧やダウンロード、他のLINE友だちへ転送することも可能。また、共有されたデータは、送信者ごとに表示されるので、友だち情報をもとにして画像を管理できる。

■アプリ概要
アプリ名:LINE Toss
対応端末:Android
対応言語:日本語・英語・韓国語
サービス地域:全世界
サービス開始日:2014年8月27日
価格:無料
開発・運営:LINE Corporation

LINE Toss(Google Play)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■ネットに関連した記事を読む
WebブラウザーのFirefoxがメジャーバージョンアップし「31.0」へ進化
国内5200万人のLINEユーザーの中から次世代のスターを発掘する「LINEオーディション」
候補作の試し読みも可能なニコ生「第151回芥川賞・直木賞」結果発表&受賞者記者会見
日本をどう守る? 各政党代表者に聞く「集団的自衛権」ニコ生で徹底討論
安心・安全!ネット初心者におススメな「Hao123」を使ってみた


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る