ソニーは2011年6月7日、パーソナルコンピューター VAIO夏モデルとして、性能やカラーバリエーションを充実させたボードPC 2シリーズ7機種と、ノートPC 5シリーズ13機種を6月11日より順次発売すると発表した。

今夏は、VAIOとして初めてボードPCに3D対応機種を導入する。3月に導入した3D対応のノートPC「Fシリーズ」に続き、VAIOの3D対応機種を拡大する。

また、アナログ放送終了に向けて、デジタル放送の視聴と録画に対応した「Lシリーズ」「Jシリーズ」「Fシリーズ」においては、CPUなどの基本性能をそれぞれ向上させている。

■3D対応のボードPC!Lシリーズ(VPCL229FJ/B)
Lシリーズは、3D対応・テレビ機能搭載24型フルHD液晶搭載のボードPCだ。
「フレームシーケンシャル表示方式」を採用し、クロストークの少ないフルHDの高画質を実現した。

新たに搭載した3D対応HDMI入力端子に「PlayStation3」や3D対応機器を接続して楽しんだり、3D対応のお絵かきソフトウェア「Family Paint(ファミリー・ペイント)3D」を搭載し、ユーザー自身で3D立体視画像を作成することも可能になり、24インチフルHDの大画面を活かした新しい3Dの楽しみを広げる。

さらに、電源オンから約5秒で地上デジタル放送を視聴可能な「スグつくTV」や地上・BS・110度CSデジタルダブルチューナーを活用してPCならではの多彩なテレビ機能を楽しめる「Giga Pocket Digital(ギガ・ポケット・デジタル)」を搭載するなど、充実のテレビ機能を備えている。


■Eシリーズ
Eシリーズは、立体的な模様により独自の質感を実現した15.5/14型液晶搭載ノートPCだ。
ホワイト、ブラック、ピンクの3色のカラーバリエーションがある。

細かいモザイク状になった立体的な模様は、光を反射して輝く。さらに、電源オフの状態から「WEB」ボタンを押すだけでインターネットブラウザーを素早く起動できる「Quick Web Access(クイック・ウェブ・アクセス)」機能、「ASSIST」ボタンで起動しトラブル診断やデータ修復を行うアプリケーション「VAIO Care(バイオ・ケア)」なども搭載し、パソコンを便利に使いこなすことができる。


ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■ソニーに関連した記事をもっと見る
最新スマートフォンに触れる絶好のチャンス!ソニエリがXperia acroを先行展示
セキュリティ向上を全力で推進!ソニー副社長がユーザーにお詫び
おサイフとワンセグがついた!ソニー・エリクソン、「Xperia acro」を発表
クレカ情報も持ち出された?ソニー、新たに個人情報流出か

BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
バッファロー(2010-05-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る