「京」の最新整備状況


20日夕方、そのニュースが飛び込んできた。理化学研究所と富士通が共同で開発を進め、世界最速を目指した国産スパコン「京」がついに結果を出した。

第26回国際スーパーコンピューティング会議ISC'11(ドイツ・ハンブルク開催)で発表された第37回TOP500リストにおいて、「京」が1位を獲得したのだ。さらにトップ5内に国産スパコンがさらに1機種が入っていた。

CEATECで展示していた「京」の心臓部である「SPARC64」ウェハー

実は「京」のシステムはまだ整備途中段階でしかない。そこでのパフォーマンスで1位を獲得したのだ。
672筐体(CPU数68,544個)の構成だが、LINPACK(リンパック)ベンチマークで、世界最高性能の8.162ペタフロップス(毎秒8,162兆回の浮動小数点演算数)をマークした。しかも、世界トップクラスの大規模コンピューターとしては驚異的な93.0%という高い実行効率を達成している。
これから2012年の完成に向けて、調整が続けられる。そして完成時にはLINPACKベンチマークで10ペタフロップスまで達する予定だ。

「京」は、プロセッサーの研究開発からシステム設計、製造まですべてが国内で行われた純国産コンピューターだ。国産コンピューターとしては、2004年6月の地球シミュレーター以来の1位獲得となったのだ。「京」では、3ラック分で地球シミュレーターと同等の性能になるとのことだ。それほど技術は進んでいるのだ。

ちなみに、2004年6月当時のTOP10を見ると、7台が米国、2台が日本、1台が中国となっている。地球シミュレーターはNEC製で、残りの1台は富士通が開発したものだった。
今回は5大が米国、2台が日本、2台が中国、1台がフランスだ。もう1台の日本製はTSUBAME 2.0で5位だった。「京」は富士通で、TSUBAME 2.0はNECとHPなどの共同開発だ。つまり、日本では、富士通とNECがこの分野をけん引しているという構図は変わっていなかった。

今回の結果について、理化学研究所 理事長 野依良治氏は、
「開発パートナーである富士通株式会社をはじめ、東北地方太平洋沖地震によって被災された厳しい状況にもかかわらず「京」の製作に打ち込んでいただいた企業の方々のご尽力に感謝いたしますとともに、この喜びをともに分かち合いたいと思います。そして、世界に誇るべき結果を導いた力は必ずや被災地復興の原動力となることを確信しています。
開発の手綱を緩めることなく来年6月の完成を確実に達成するとともに、この世界最高性能の「京」が多くの方に活用いただき、輝かしい成果の創出につなげられるよう、システムの維持と運用に責任をもって取り組んで参ります。」
富士通 代表取締役会長 間塚道義氏は、
「東日本大震災の影響を受けながらも、関係者の多大なるご協力によって今回の結果が得られたことを嬉しく思います。特に、東北地方の協力会社の皆様には、自らも被災した中で部品の安定供給にご尽力いただき、大変感謝しております。今回、数十万点にも及ぶ部品を組み合わせ、従来の技術では動かすことさえ難しい超大規模計算機システムを短期間で立ち上げて結果を出したその信頼性は、正に日本のものづくりの集大成であると考えています。この結果に慢心することなく、今後も着実に導入を進め、完成後の成果創出に寄与して参ります。」と、非常に満足しているだけでなく、完成に向けての意欲を示した。

東日本大震災以来、沈みがちなムードが漂っていたが、今回の快挙が、そんなムードを吹き飛ばすひとつになってほしいものだ。

富士通
理化学研究所

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■スーパーコンピューターの記事をもっと見る
世界最速スパコンはGPUで作られている【最新ハイテク講座】
東工大のスパコンが世界2位に!性能だけじゃなく省エネもスゴイんです
液晶が自由自在にクルクル回転 富士通がダブルディスプレイ携帯端末を参考出展【CEATEC 2010】
世界最速を目指す次世代スパコン! 富士通「京」を出荷開始

スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書)スーパーコンピューターを20万円で創る (集英社新書)
著者:伊藤 智義
販売元:集英社
(2007-06-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る