パナソニックから1枚のSDカードに4K解像度で60pの動画が撮影可能なビデオカメラ

l-jn140911-1-1

パナソニックは、4K解像度で60pの動画撮影に対応したデジタル4Kビデオカメラ「HC-X1000」を10月23日より発売する。本製品は、ハイアマチュアやプロユーザー向けとなる。

本製品は、フルハイビジョンの4倍の解像度をもつ4K画質での動画撮影に対応し、世界で初めて4K解像度で60pという、きめ細かい躍動感ある映像が1枚のSDカードに記録できる。

4Kで60p記録を実現するために高品位レンズ、センサー、エンジンを搭載している。レンズはライカの厳しい認証工程をクリアした「ライカディコマーレンズ」を採用、エンジンは4Kの膨大なデータを高速で演算処理できる「クリスタルエンジンPRO 4K」を搭載。

また、多様な用途に適した撮影ができるよう、様々なビットレートに対応した記録モードを持つ。24pの「シネマ4Kモード記録」やフルハイビジョン撮影時には200Mbpsオールイントラでのハイビットレート記録も可能だ。

加えて、2つのSDカードスロットにより大切なシーンを撮り逃さないバックグラウンド記録機能(フルハイビジョン撮影時)、三連マニュアルリング、2つのXLR音声端子(キャノン端子)の採用など、プロユーザーのニーズにも対応可能な多数の撮影アシスト機能を搭載。なお、4K解像度で60p動画を記録するためには。同社製のRP-SDUCシリーズのようにUHS-I Speed Class3に対応したSDカードが必要になる。

■製品概要
品名:デジタル4Kビデオカメラ
品番:HC-X1000
記録メディア:SDカード(別売)
色:K(ブラック)
希望小売価格:オープン価格
発売日:10月23日
月産台数:100台

■問い合わせ先
「お客様ご相談センター」
フリーダイヤル:0120-878-365(受付:9時~20時)

HC-X1000
パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事読む
加賀ハイテックがスマートウォッチ“MYKRONOZ & COGITO”を国内に投入
EPSONより「カラリオ」インクジェットプリンター2014年秋冬モデル登場
ヤマハよりD/Aコンバーター内蔵でハイレゾ音源にも対応するプリメインアンプ3機種
テレビの下に置くだけでリアルサラウンドが楽しめるヤマハのTVサラウンドシステム「SRT-1000」
ドラえもんの誕生日を記念した腕時計「Doratch Limited Edition’14-’15」発売


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る