Googleロゴがノルウェーの探検家の生誕100周年を記念するアニメーションロゴに

moai

9月27日に『おめでとう16年! Googleロゴが自社創立16周年を記念したアニメーションロゴに』でGoogleロゴが自社が生まれて16歳を祝うアニメーションロゴイラストになっているのをお伝えした。

本日10月06日は、ノルウェーの探検家で海洋生物学者、人類学者であるトール・ヘイエルダールの生誕100周年を記念するアニメーションロゴになっている。

彼を一躍有名にしたのがいかだ船「コンティキ号」を操りペルーのカヤオ港から出港し、南太平洋のツアモツ島まで4300マイル、実に8千km弱の航海を成功させたことだ。

イースター島のモアイと南米ペルーの巨石文化が似通っていることから、両者に関連性があるのではないかと考え、であればペルーからイースター島のある地域まで行けると考え、当時のいかだを再現し、長距離の航海に臨んだとされる。

現在では、それぞれの住人の遺伝子解析によって、関連性がないとされているが、科学が発達していない時代に、命がけでそうしたことを証明しようとした行為は称賛されるべきであろう。

イースター島のモアイ像が顔だけでなく、像を建てるための具体的な実験を行ったり、古いモアイ像を掘り出して目や手や胴体があることを突き止めたのの彼であるとされる。

Googleロゴも、そのモアイ像が掘り出されるアニメーションロゴがエンドレスで表示されるようになっている。

Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

Googleロゴの記事をもっと見る
おめでとう16年! Googleロゴが自社創立16周年を記念したアニメーションロゴに
本日は秋分の日、Googleロゴも秋分の日にちなんだアニメーションロゴに
Googleロゴが敬老の日を記念したイラストに
Googleロゴがロシアの文豪トルストイ生誕186周年を記念したイラストに
本日9月8日は中秋の名月! Googleロゴもお月見仕様のイラストに


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る