Goal Zero製のソーラーパネルにモバイルバッテリー搭載の多機能なLEDフラッシュライト「TORCH 250」

Torch 180 10.21.13 Detail Front

アスクは、米Goal Zero製のソーラーパネルを搭載した多機能なLEDフラッシュライト「TORCH 250」を発表した。最大250ルーメンのLEDライトを搭載。スポットライトとフラッドライト、レッドライトの3つの点灯モードを切り替えて利用できる。またスマホ対応もしており、3種類の方法で充電が可能になっている。発売は10月より

■ダイナモ付きで手回し充電も可能
「TORCH 250」に搭載するLEDライトの明るさは最大250ルーメンだ。スポットライトとフラッドライト、レッドライトの3つの点灯モードを備えており、遠方を照らしたり、危険を知らせるために振ったりといった用途でモードを切り替えることができるようになっている。

本体に4400mAh(16Wh)という大容量リチウムイオンバッテリーを内蔵している。USB出力ポートからスマートフォンなどへの充電が行えるモバイルバッテリーとして利用可能だ。出力は5Vで1.5Aなので一般的なAndroidスマホやiPhoneシリーズの充電が可能。

また、本体への充電方法としてUSB充電、ソーラーパネルによる太陽光発電、手回し充電ができるダイナモクランクと、3つの蓄電モードを搭載しており、アウトドアシーンでの使用はもちろん、防災グッズとしても向く。

ただし、2A以上を必要とするタブレットなどでは。充電に余計時間がかかったり、充電できないことがある点に注意。内蔵バッテリーだがフラッドライトの連続使用時間は約48時間、充電にはUSB経由で約7時間かかる。ソーラーおよびダイナモでは、さらに時間がかかることにも注意してほしい。実売価格も1万円前後となっており、緊急避難用に購入しておいて損はないと言えるだろう。

Torch 250 Charging Phone IMG_2874 ed

■製品情報
メーカー名:Goal Zero
製品名:TORCH 250
予想市場価格:10,000円前後
発売時期:2014年10月より

TORCH 250
アスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事読む
ヤマハよりインテリアになるオーディオシステム“Restio(レスティオ)”「ISX-803」
パナソニックから1枚のSDカードに4K解像度で60pの動画が撮影可能なビデオカメラ
加賀ハイテックがスマートウォッチ“MYKRONOZ & COGITO”を国内に投入
EPSONより「カラリオ」インクジェットプリンター2014年秋冬モデル登場
ヤマハよりD/Aコンバーター内蔵でハイレゾ音源にも対応するプリメインアンプ3機種


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る