スマートフォンやタブレットは手で持ちながら、指で操作するというのが定番の使い方だろう。しかし、クルマの中で映像を見たり、ナビゲーション代わりに使ったりするのであれば、常に操作するわけではないため、手で持つ必要はない。なにか固定できるものがあれば、便利に使えるだろう。

イケショップのレア物」では以前、iPadなどで使えるタブレットホルダー「Table Mount for iPad/Tablet」を紹介したが、このようなホルダーを使いたいのは、タブレットユーザーだけでなく、スマートフォンユーザーにもいるだろう。

そこで今回は、iPhoneなどで利用できるモバイルホルダー「Mini Car Holder for iPhone」を紹介しよう。

■吸盤が付かない場所でもOK
本製品は、「Mini Car Holder for iPhone」の名前の通り、クルマの中で使うことを想定している。最近のポータブルカーナビにはクルマへセットするために吸盤が使われているが、本製品も吸盤を使って、ガラス面のような平滑な場所に押し付けてダイヤルを回すだけで簡単に取り付けできるようになっている。

しかし、フロントウィンドウに取り付けると見づらいクルマがあったり、取り付けられそうなところが、ダッシュボードなどの吸盤が付かない場所であったりすることもある。

その場合は、付属の両面テープ付きプレートを使うことで、どこでも取り付けられるようになっているのだ。スマートフォンにあわせたコンパクトサイズのため、場所も取らない。

■ワンタッチでスマートフォンを固定
本体を車内のどこにでも取り付けられるのは便利だが、本製品では簡単にスマートフォンを取り付け、取り外せるところがうれしい。特に取り外しは、ロック解除ボタンを押すだけという、ワンタッチのため、面倒な手順なしにスマートフォンが付け外せる。

ホルダー部分には衝撃吸収スポンジが付いている。このため、スマートフォンを傷付けることなく、しっかりとホールドしてくれるのだ。

対応するスマートフォンは、幅が42mm~62mmまでと、様々な機種を装着できるようになっているのだ。

■クルマ以外でも利用できる
こんな便利な製品は、クルマだけで使っているのはもったいない。
ホルダートップは360度、ネック部も角度調整が可能だ。どこで使ってもベストポジションでスマートフォンが利用できる。

ホルダートップは取り外せ、規格の合うトップや、スタンドを組み合わせてカスタマイズするなんてこともできるのだ。



イケショップのスタッフいわく、「突起が少なく、シンプルな固定方法なので、スマートフォンにケースを付けていても大丈夫です。また、スマートフォンのカメラでドライブレコーダー的な撮影にも対応できます。これからの紅葉シーズンのドライブにいかがでしょうか。」とのこと。

車載を考えても、スマートフォンをカーナビだけでなく、ドライブレコーダーやムービープレイヤーに早変わりさせられる。

本製品はクルマの中だけでなく、仕事で使っているデスクなどでも便利だ。様々な利用シーンが想定でき、ひとつだけでなく、いろんなシチュエーションで複数を使いこなすのにも、おススメのガジェットだろう。

Mini Car Holder for iPhone
販売価格:980円(税込)

●主な仕様
・底面の吸盤サイズ:65mm
・折りたたみ時の高さ:65mm
・本体重量:約105g
・取り付け可能なサイズ:幅42mmから62mmまでの携帯機器

付属品:
・シール付きプレート(直径7cm)
※商品にスマートフォンは含まれない

伝説のレアものショップ イケショップ

復活!イケショップのレアものがいっぱいの記事をもっと見る
バッテリ切れに強い味方!iPhone 4向けの大容量バッテリ一体型ケース
2千円台で最強のビジネスツールに!GALAXY S IIを大画面テレビに繋ごう
iPhone/iPad内の動画を大画面テレビで楽しもう!同期や充電もできる最強ドック
iPadの急速充電を実現!様々な機器に対応する、最強モバイルバッテリー
机が広く使えるアイデアグッズ!両手が自由自在に使えるタブレットホルダー