日本で個人が利用するEメールはプロバイダ(ISP)から提供された物や、携帯電話やスマホのネットサービスで提供されるアドレスを使用することが一般的だ。たとえばISPや携帯でサービスされているメールアドレスでは、@以降が「ocn.ne.jp」、「docomo.ne.jp」、「ezweb.ne.jp」などといったドメインだ。こうしたアドレスは、メールを提供している会社との契約期間だけでしか利用できない。解約したりプロバイダを乗り換えたりすると、こうしたアドレスは使用できなくなってしまう。メールを存分に活用していればいるほど、アドレスの変更が難しくなってしまう。例えるならメールアドレスを人質にされてしまったためにプロバイダを乗り換えれないということになってしまう。

日本ではブロードバンドの普及と携帯やスマートフォンといった各種デバイスが普及したことにより、通信ができる環境なら全世界いつでもどこでも電子メールを読み書きすることができるようになった。郵便や電話に次いで普及した、いまではそれら以上に使われている通信手段と言える。メールアドレス=個人をヒモづけるに等しくなってきており、住所や電話番号の変更と同じくらいメールアドレスの変更が面倒になってきた感がある。

普段もメールでやり取りをしている人たちには、BCCによる一斉送信でアドレスの変更を知らせることも可能だが、しばらくやり取りをしていない相手の場合、送ったメールを読んでもらえているかが不明だし、変更案内を送り忘れたりすれば、相手が変更前のアドレスに送信してエラーで戻ってしまうようなことがあれば、もう二度と相手から連絡が来なくなってしまう可能性もある。普段は気にしていないことだが、このようにメールアドレスの変更は面倒なのである。

■契約に依存しないメールアドレスがオススメ
繰り返すがプロバイダや携帯キャリアから提供されるメールアドレスは、有料の契約に基づいて提供されているサービスの中の1つにすぎないので契約が切れればアドレスも使えなくなる。FTTHやADSLなどと抱き合わせて回線込みで契約している場合、ネット接続の契約に合わせてメールアドレスが提供され、これを普段使うメールアドレスにしていることがほとんだろう。携帯電話も、ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話やスマートフォンの契約のサービスのひとつに電子メールサービスがあり、それを使っているはずだ。

大事なことなので繰り返すが「こうしたメールアドレスは契約期間中だけしか使用できない」

大手プロバイダと契約している場合、インターネット接続回線の契約コースを解除してメールサービスだけを残すコースに変更するなど、契約形態を変更して継続できる場合もある。ただし、安くても有料だったりする。携帯電話のメールの場合、解約したらメールが使えなくなるのは当然だが、ナンバーポータビリティーでキャリアを移動した場合も、そのメールアドレスは使えなくなる。このように何かあったら“使えなくなる”メールアドレスばっかりなのである。これを防ぐためには有料契約が必要であるとか、そうした“しばり”に依存しないメールサービスに移行するのがオススメだ。

■そのサービスができる限り続く無料メールサービスを選ぼう
変化の激しいインターネットの世界で、サービスがどれだけ続くかを見極めるのは難しいものの大手で提供されているメールサービスは、比較的安心して使用できる。具体的にはGoogleが提供しているGmail、マイクロソフトのHotmail(Windows liveメール)、もちろんlivedoorメールなどが無難なところだろう。

もちろんどのサービスも永遠に続くわけではない。今後新しいサービスが出てくることもあるだろう。少なくとも、メールアドレスを1つだけに固定して身動きがしにくくなるよりは、複数のサービスをうまく使い分けて複数のメールアドレスを使い分けるのが賢明だろう。

Gmail
Hotmail

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。


デジ通の記事をもっと見る
iPhone 4Sの音声認識機能は使える 新しいiPadでも使える音声認識
英語の音声認識で英会話練習 自分の発音を客観的に知る方法
サービス終了後はどうなる!電子書籍は永遠に読めるのか
キンドルが日本に参入する?Amazonの電子書籍をおさらい
iPhoneが据え置きゲーム機も殺す?多機能化するスマートフォン


【キヤノン純正インク】キャノンインクタンク 5色マルチパック BCI-321+320/5MP【キヤノン純正インク】キャノンインクタンク 5色マルチパック BCI-321+320/5MP
キヤノン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る