1984年の北斗の拳から2011年の輪るピングドラムといったメジャー作品を手掛けてるアニメーターの羽山淳一氏が往年のヒーローやアニメの名わき役のイラストを描いてはツイッターにアップしている。そのクオリティの素晴らしさが話題になっている。

いい加減いい年の筆者は、イラストになっているウルトラセブンやガッチャマンといった往年のヒーロー、ファーストガンダムのランバラルやサイボーグ009のメンバーといった主人公以外の人物など、ほとんどリアルタイムで知っているモノばかりだ。羽山氏の職業がら当然とも言えるのだが、あまりにもバラエティ豊かなピックアップなので、仕事抜きでやっぱりこういったアニメが好きなんだろうなという単純な感想を持った。

そう思った理由は、筆者はIT業界に身を置いて、それらのネタを扱うのが仕事である。そして仕事を離れてIT関連のガジェットをいじくり回したり、テクノロジーネタで盛り上がるのが大好きだからだ。仕事抜きで、こうしたイラストを描いて、全世界に公開されているTwitter上に載せるなんて好きでなければできないだろうと思うのだが。

とあくまで推測にしか過ぎないことをグダグダ言うよりは、一連のイラストをまず見ていただきたい。片手間で描いたとはとても思えない、その見事さにただただ驚くばかりだ。子供のころにワクワクしながらテレビ画面にかじりついて見ていた、さまざまなキャラが登場してくる。それが「これぞプロの仕業!」と言えるクオリティでアップされるのだから、たまったものではない。もちろん筆者もさっそくフォローさせていただきました。アナタは出てくるキャラ何人を知っているだろうか?

togetter:『アニメーター・羽山淳一氏のTwitter上のイラストまとめ

羽山淳一氏 Twitter
羽山淳一氏のWebサイト「MOUNT.F-11」

ITライフハック
ITライフハック Twitter