元々NAS(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)と言えば、ネットワーク環境が構築されていてPCが複数台ある中でデータを共有したりするために利用されたものだが、最近では地デジ対応の液晶テレビなどでも録画データの保存先に指定したり、スマホのデータ保存先として指定するなどで、いまでは一般家庭でもNASを使うということが増えてきている。

そんなNASだが容量的には3.5インチHDDでは、いまや3テラバイトを超えて4テラバイトまでのNASが登場してきている。ただ、発熱が高かったり音がうるさい、そしてどうしてもサイズが大きくなってしまうという点がある。容量をそれほど必要としないのであれば、2.5インチのHDDや/SSDを使ってNASを自作するという手もある。

そこで紹介したいのがMARSHALが新しく発売する2.5インチHDDが利用できるNAS対応HDDケース「AKiTiOシリーズ」だ。USB2.0ホスト×2ポート、eSATAホスト×1ポートと外付けHDDの増設も可能。2.5インチタイプのHDD/SSDに対応することで、小型化に加え、大幅な省エネと静音化を実現。従来のNASケースのようにPCやTVからアクセスできるのはもちろん、専用のスマートフォンアプリケーションから外出先でも簡単にアクセスできるようになっている(iOS/Android対応)。



PCでの共有にはSAMBやNFSやAFPに対応。WindowsだけでなくUNIXやMac OS Xが混在した環境でも共有可能になっているので幅広い環境に対応できるのがうれしい。ケースには、高級感のあるアルミ素材を採用し、放熱性に優れる。利用できるHDD/SSDは12.5mmハイトまでのディスクに対応。12.5ミリハイトであれば1.5TBまでの大容量ストレージを搭載することが可能だ。

ケースは、高級感のあるアルミ素材で放熱性に優れる


◆製品情報
メーカー:MARSHAL
製品名:ネットワークHDDケース
型番:MAL-4725NAS
発売時期:10月20日
標準価格:13,800円


MARSHAL社Webサイト
アスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook