ネットビジネスやITビジネスの拡大は、ベンチャー企業や小規模プロダクトの立ち上げを促進している。しかし、小規模な企業やプロダクトで問題となるのが、情報システム管理を担当する人員数とスキルだ。

企業では、規模の大小に関わらず、システム管理は同じ負荷が発生する。とくに、情報システムという業務は、コストセンターである。予算や人員の割り振りや、上司の理解が得られにくい部分でもあるので、社員全員のPC管理や、メールサーバー、WEBサーバーの管理運用業務までこなさなければいけない。その全ての業務を1人で行っているという企業も、少なくないのが現状だ。

今回紹介するデータホテルの「エクスライト」は、そのような情報システム担当者の激務を格段に軽減できるのが特徴だ。

データホテルは、長年にわたってポータルサイト「livedoor」のホストサーバーも提供してきたことからもサービス面の信頼性も高いが、「エクスライト」は簡単かつスマートフォンで管理できるなど、迅速な対応ができる。「エクスライト」は、サーバー管理の合理化に効果のあるサービスなのだ。

「エクスライト」は、メモリーが1GB、ストレージ容量が30GBでCPUがクアッドコアのXeon(共用)といったサーバーが利用できるVPS(仮想専用サーバー)サービスとなっている。最も安いコースは月額1,050円(税込)で、root権限つきの環境をコマンドラインで操作するモデルだ。ただ、このプランの場合、コマンドラインでの管理者が常に必要となる。

管理を簡素化して複数のスタッフ間でも並列管理を考える場合は、グラフィカルインターフェイス(GUI)環境も欲しいところだろう。そうしたニーズに応えるために、月額1,575円(税込)のPlesk搭載プランも用意されている。このプランは、コマンドラインではなくGUI操作でシステム管理が行えるUIツール「Parallels Plesk Panel 11」(以下、Plesk Panel 11)が利用できるので、管理を見える化できるメリットがある。

ここでは、「エクスライト」による情報システム効率化の例を見てみよう。

■社員の増加に対応できる
情報システム担当者は1人しかいなくても、営業部門などの人員は法人の戦略によって増えていくのが世の常である。自社内にあるサーバーにコマンドを利用して、社員の増加の度にメールアカウントの追加をおこなっているが、アカウントの管理が行えなくなり、管理工数と手間がかかっている等の話は、よく聞く話だ。

このあたりの管理を行うにはエクスクラウドでは、世界的に定評があるParallels社の「PLESK(プレスク)」が搭載されているため、グラフィック操作で簡単に追加できるのだ。
本来ならコマンドで処理する作業をGUI化できるPlesk Panel 11

さらに時間を短縮できる方法として、メールサーバーの個別管理をユーザーに任せてしまうという方法も用意されている。セキュリティ上問題ないのであれば、メールサーバーの設定項目にユーザーがアクセスできるようにできるので、ある程度の管理をまかせてしまえば、さらにシステム管理にかかる時間を短縮できる。
メールユーザーに、自身のメールアカウントのみを操作できる画面を提供することができる

Plesk 11を使えばメールサーバーの管理だけでなくWebサーバーやWebDAVを使ったファイルサーバーといった各種サービスを一元管理できる。さらにWordPressの導入でサイトをブログ形式にするといったこともボタン一つで簡単に行えるようになっている。GUI操作による効率化は、伊達ではなくコマンドラインでの操作よりもはるかに時間を短縮することができる。
営業スタッフが社外でWEBメールを閲覧したいといった希望にもこたえられる。

情報システム担当者はこうした機能を活用することで、より安全で、自身の負荷軽減も同時に実現できると言ってよいだろう。


■休日のトラブルでもスマホで対処できる
「エクスクラウド」の大きな魅力は、スマートフォンを活用した管理が遠隔地からでもできることだ。社内だけでなく、外部から管理ができることで、時間と負荷を軽減できるだけでなく、迅速な対応や判断を行うことができる。

オプションの「Power Pack」導入と、専用のアプリ(iOSやAndroid対応)をダウンロードすることでスマートフォンから「サーバー再起動」や「プロセス再起動」などのサーバー操作が可能となる。

サーバートラブル発生時に社外にしたり、リモートアクセス可能なPC端末が手元になかったりした場合でも、スマートフォンを使ってサーバーの再起動や各種サービスの停止や再開などの対応が可能になる。シフト外や深夜など、常勤時間以外のトラブルでは、急いで会社に駆けつけてなくても、早く対応ができるため、担当者の負荷も軽減できるわけだ。
「エクスライト」は、GUI環境、スマートフォン管理ができる専用のアプリといった作業効率を最適化、軽減する機能が用意されている。


■サーバーの運用コストを削減できる
古いレンタルサーバーの契約を見直しすることで、現在社外にホスティングしている費用を圧縮できることも大きなメリットだ。

PCが年々進化しているように、法人向けホスティングも進化をしている。10年前と今を比べるなら、もしかしたら性能はPCの進化度合いをはるかに超えているかもしれない。古い環境からの移行の手間は発生するが、金額的なメリットを上司に報告すれば、担当者の株もあがるだろう。

また古い環境はセキュリティの脆弱性も気になるところだ。「エクスライト」で利用できる最新版のPlesk11はセキュリティ面が従来のバージョンよりはるかに強化されており安心して利用できる。さらにファイアウォール機能もついているため、特定のネットワークからのアクセスを禁じたり、逆に許可したりと本格的な運用が可能となっている。

「エクスライト」は、社員の増加にも簡単に対応できるうえに、休日のトラブルでもスマホで対処できるし、サーバーの運用コスト削減も可能だ。SOHO、中小企業の情報システム管理に最適なサービスと言えるだろう。
[PR企画]

エクスライト
株式会社データホテル

データホテルの記事をもっと見る
イザとなったらスマホ管理! 忙しく飛び回っている人こそエクスライト