北総線の全線で各駅や列車内におけるWiMAX 2+サービスが利用可能に!

hokuso

以前に「横浜高速鉄道みなとみらい線全線でWiMAX 2+サービスのサービスが利用可能に!」という記事で現在、続々と対応エリアが拡大中の下り最大110Mbps(春から最大220Mbps)の超高速モバイルインターネットWiMAX 2+サービスに関する話題をお届けした。今回もWiMAX 2+サービスのエリア情報についてお伝えしよう。

北総鉄道株式会社とUQコミュニケーションズ株式会社は、1月20日に北総線全線の各駅や列車内において、下り最大110Mbpsの超高速モバイルインターネットWiMAX 2+サービスのエリア整備が完了したこことを発表した。

北総線でのWiMAX 2+サービスの提供は、2014年11月14日より開始した矢切駅に続き、順次、秋山駅、白井駅、千葉ニュータウン中央駅、印西牧の原駅のエリア整備を行ってきたが、今回、北国分駅と新鎌ヶ谷駅のエリア整備をもって全線でWiMAX 2+サービスのエリア整備が完了したことになる。

これにより、すでに提供を開始しているWiMAXサービスに加え、WiMAX 2+対応のWi-Fiルーターやスマートフォンなどで、より高速なインターネット通信が利用できるようになる。

そして現在WiMAXサービスの下り最大速度40Mbpsエリアは、来春より順次、下り最大速度13.3Mbpsエリアへ切り替わっていくことになる点に注意。現在WiMAXサービスを利用しているユーザーは、春から始まる最大220Mbpsの新サービスへお得に移行できる方法が用意されているので乗り換えを考慮したほうがいいだろう。

ここで使える!地下鉄・地下駅
WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

UQ WiMAXに関連した記事を読む
横浜高速鉄道みなとみらい線全線でWiMAX 2+サービスのサービスが利用可能に!
西武有楽町線の新桜台駅におけるWiMAX 2+サービスの提供を開始
横浜駅西口「相鉄ジョイナス」地下全域でUQ WiMAXによるインターネット接続が利用可能に
京成線においてWiMAX 2+サービスの整備を開始!駅構内で高速インターネットが可能に
京都大学でWiMAX 2+によるキャンパスネットワークへのアクセス環境の提供を開始
東葉高速鉄道および東京モノレールでWiMAX 2+サービスエリア整備を開始


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る