株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送:Q」にて、6月22日(土)~6月23日(日)に放送した独立行政法人海洋研究開発機構(以下、JAMSTEC)とのコラボレーション企画「“世界初へ挑戦”深海5000メートルへの有人科学探査を生中継」で世界で初めて有人潜水調査船「しんかい6500」による世界最深の深海熱水噴出域での調査潜航の生中継配信に成功した。


本番組は、JAMSTECとのコラボレーション企画として、JAMSTECが6月22日(土)から23日(日)(日本時間)に行った有人潜水調査船「しんかい6500」による世界最深の深海熱水噴出域での調査潜航を生中継した映像を、ニコニコ生放送にてインターネット配信した。

この番組は、プレアカ、一般アカ含めたニコニコアカウントが不要で、インターネット環境があれば国内外誰でも視聴できるようフルオープンで放送された。結果、番組終了時には来場者数約30万人、コメント数は約50万を記録しました。

筆者も眠い目をこすりながら同番組を見ていたのだが、大が付くほどの深海好きで特にグソクムシ押し、さらにこの配信を週末休み返上で担当に立候補したという噂(あくまで噂)のニコニコの中の人からレポートが届いたので紹介しよう。

以下、中の人からのレポートである。

-----------------------------------------------------------------------

6月22日(土)23時過ぎ、支援母船「よこすか」から着水・潜水する「しんかい6500」の様子や、毎分約40メートルで下降していく「しんかい6500」から見える海中の様子、とりわけトワイライトゾーンと呼ばれる、地上の光が消え暗闇へと変わる映像が映し出されると、視聴者からは「すげぇえええええ」「真っ暗だ~」といった驚きのコメントが流れました。

潜水開始~トワイライトゾーン到達間


6月23日(日)1時頃、視聴者が「もうすぐ、もうすぐ」と応援コメントを寄せる中、深海4,900メートル付近で地底の映像をとらえ、「これは凄いよ」「リアルタイムで見られていることに感動」といった歓喜のコメントで視聴画面が覆い尽くされる中、「しんかい6500」は深海着底に成功しました。

海底到達時


着底後、最初に遭遇した生物はイソギンチャクで、その後、“チムニー”と呼ばれる高温の熱水が噴き出す煙突状の噴出孔を発見し、チムニーでは、黒い熱水が噴き出す“ブラックスモーカー”や、チムニーの外壁に生息する無数のエビやイソギンチャクが映し出され、それらが研究のため、「しんかい6500」に搭載されたスラープガン等で採集された際は、普段は見られない映像に興奮した視聴者から「逃げて!!」「吸い込まれるww」といった多くのコメントが寄せられました。

これが熱水が噴き出すチムニー


イソギンチャク採集


チムニー外壁のエビ


その後、光ファイバーケーブルが切断されるまで約1時間30分に渡り深海底の様子をリアルタイムで生中継することに成功しました。

そして23日(日)5時過ぎに、探査を終えた「しんかい6500」の引き上げが始まり、7時30分頃に無事支援母船「よこすか」に帰還、「しんかい6500」から出てくる潜航者たちが映るや否や「おかえりぃいいいい」といったコメントが画面を覆い尽くしました。

「しんかい6500」帰還


「しんかい6500」の潜航者である高井 研氏(研究者 JAMSTEC深海・地殻内生物圏研究プログラムディレクター)は帰還後、今回の取り組みに関して

「僕の中では大体成功だと思います。これからまた今日のサンプルをもとに研究が始まります。これらの映像をみて皆さんに何かを感じてもらえたらいいなと思っています」とコメントしました。

高井氏帰還時


また、スタジオにて中継を見守っていた中村謙太郎氏(JAMSTECシステム地球ラブプレカンブリアンエコシステムラボユニット研究員)は

「研究者とパイロットのものだけだった深海探査が世界の何十万の人と分かち合えたことが非常に良かった。」

とコメントし、今回の中継が世界初の試みであり、深海探査の感動を多くの方々とインターネットを通じて共有するという新たなスタートであることを実感する番組となりました。

中の人が必死で作成した発泡スチロールベースのハンドメイドのテレビちゃんが潜航前と後でとんでもないことになっていたことでも、その気圧のすごさが理解できる。

潜航前のテレビちゃん


潜航後のテレビちゃん


■今回の生中継における“世界初”のポイントは2つ
1)世界最深の深海熱水噴出域での有人科学探査
(※無人科学探査は以前に行われています。)

2)深海での有人科学探査をリアルタイムでインターネット生中継

■今回の探査の意図
400℃の環境でも生物は生息できるのか、極限環境における生き残り戦略を明らかにすること

■今回の中継システムについて
JAMSTECが直径0.9mmの光ファイバーケーブルを「しんかい6500」に結びつけ中継した映像を、衛星通信を使い、ニコニコ生放送にてインターネット配信しました。光ファイバー切断後は音波を通じて中継を実施しました。(※画像ファイル名:“図1中継体制システム”をご参照ください)

図■中継体制システム


■熱水域とは?
深海に存在する熱水噴出孔と呼ばれる、地熱で熱せられた水が噴出する割れ目周辺。熱水噴出孔から噴出する熱水は100度を超えても、深海の高い水圧により液体のまま沸騰しない。

■「しんかい6500」に関して
「しんかい6500」は、日本で唯一の有人潜水調査船。日本周辺はもちろん、世界中の海域で熱水噴出域、大地震震源海域などの潜航調査を数多く実施しており、今回のカリブ海ケイマン中央海膨の深海熱水噴出域の探査で1,350回目の潜航となりました。

----------------------------------------------------------------------
■番組概要
■番組名:【世界初へ挑戦】深海5000メートルへの有人科学探査を生中継
      ~JAMSTEC×ニコ生~
■放送日時:2013年6月22日(土)20時30分~6月23日(日)8時00分頃まで(日本時間)
■生放送URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv139636921

※タイムシフト視聴が可能です。

■放送内容:
潜航海域は、カリブ海ケイマン中央海膨の深海熱水噴出域。現地からは、有人潜水調査船「しんかい6500」の着水・揚収作業、「しんかい6500」コックピット内での操縦作業、潜航時の深海映像、深海での研究活動、支援母船「よこすか」総合指令室での作業等を中継。スタジオでは、研究内容と有人潜水調査システムの解説などを行った。

※有人潜水調査船「しんかい6500」の詳しい情報は、JAMSTEC特集ページをご覧ください。

番組サイト
niconico


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
次は300万人超! niconicoのプレミアム会員数がついに200万人を突破
築地で寿司食いねえ! 佐藤秀峰さん公認「ブラよろ公式MAD作品アワード」開催中
ニコ生であの人気TVアニメ「Fate/Zero」第一期&第二期の全25話を一挙放送
ニコニコ静画発の大ヒットギャグファンタジー「戦勇。」TVアニメ第2期スタート!
無料で読める連載小説! niconicoで「おれいも」「キマイラ」「ロウきゅーぶ!」



にゃんこイヤホンジャック 到福金メッキ
にゃんこイヤホンジャック 到福金メッキ [Wireless Phone Accessory]