日本マイクロソフトがSurface RTを値下げした。7月14日までの期間限定ながら各モデルを1万円値下げし、同等のストレージ容量を持つiPad miniに近い価格になった。iPad Retinaディスプレイモデルと比較すると2万円程度安くなる。これはかなり思い切った価格だと言える。

Surface RTはOSにWindows RTが採用されているが、内部のアーキテクチャーが異なるためx86コードで書かれた従来のWindows用アプリは動作しない。ただ、Windows 8&RTの登場からしばらく時間が経過したので再確認の意味も込めて注意点などをまとめてみよう。



Surface RTは10.6型で解像度1366×768のディスプレイを搭載した純粋なタブレットだ。OSはWindows RTというタブレット用に設計されたOSが採用され、従来のWindowsで動作するアプリは動作しない。Windowsストアーアプリは動作するモノとしないモノに別れる。

ただ現状、 Windowsストアで提供されているアプリの多くは利用できる、つまり使えるソフトが全くないわけではない。ただ、iPadやAndroidタブレットに比べると、市場に出てからまだ時間が経っていないため対応アプリの量は全体的に少ない。

■Windowsとファイル互換の取れるオフィスアプリも
他のタブレット(AndroidやiOS)と比較した場合に有利なのは、Microsoft Officeが利用できるという点だ。OfficeはWindows 8などに提供されている版とは異なり、Microsoft Office 2013 RTというWindows RT用のもので、マクロが使えないなど一部制限がある。しかし、通常の文章を開く際には、互換性などを基本的に気にすることなくそのまま開いて編集できるという安心感がある。

また、他のタブレットと比較した場合、机に置いてキーボードを利用する使い方を想定した設計になっているのもポイントだ。一体型のキックスタンドがあり、ハードウェアキーボード付きのカバーも純正品として用意されている。タブレットをどう使うかにもよるが、ノートパソコンのようにも使いたい場合は便利に使えるだろう。

サイズは275×172×9 mm、重量は676gで、同等サイズの液晶を搭載するiPad Retinaディスプレイモデルと比べると241.2×185.7×9.4 mm、重量は652g(Wi-Fiモデル)なので同程度だ。

■内蔵ストレージの容量に若干不安が・・・
スペック面でiPadやAndroidタブレットと比べた場合の注意点は内蔵ストレージ容量だ。先述したようにOfficeがプリインストールされていることもあり、OSやOfficeソフトなどで15GB程度使用しているためユーザーが利用できる残りは32GB版で約17GB、64GBで46GBとなっている。

iPadやAndroidでも大きなアプリなどをインストールすれば残り容量は少なくなるが、Windows RTほどではないため、同じ容量でもiPadとSurface RTでは実際に利用できる内蔵ストレージの容量は限られる。

以上がSurface RTの基本的な注意点だが、日本でもWindows 8版のSurface Proが発売されるなど、Surfaceに限らずタブレット周辺の状況は変化しつつある。この点については次回の記事で解説しよう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]


SurfaceRT

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジ通の記事をもっと見る
FMLEやXSplitがいらなくなるかも ?NVIDIA純正のゲーム録画ツール「ShadowPlay」
XPマシンなら下取り価格を1万円上乗せ! HPのお得なパソコン買い換えキャンペーン
インテルのグローバルツアー「Experience Intel. Look Inside」で最新の2-in-1 Ultrabookに触れるチャンス
新しいディスプレイ回転ギミックを採用 日本エイサーの「Aspire R7」早くも国内投入
文字も図形も認識する手書き入力 ペン入力の未来を感じる東芝のレグザタブレットAT703



マイクロソフト Surface RT 32GB 7XR-00030
マイクロソフト Surface RT 32GB 7XR-00030