6月頭に「2013年ASUSのテーマは”トランスフォーム” COMPTEXでお披露目されたASUS製品」という記事で新しい7インチのAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad HD7」を紹介した。すでにドイツなどでは、製品が公式に登場していたが、今回、正式に日本市場にも投入されることとなった。


同社にはMeMO PadシリーズというAndroidタブレットが存在している。またASUSロゴは隠されているものの「Google Nexus 7」というGoogleの冠を持つ7インチディスプレイの名Androidタブレットがある。

従来の7インチのMeMO Padシリーズは、低価格ではあったが画面解像度が1024×600ドットと解像度が高いと言えなかった。今度のASUS MeMO Pad HD7は、解像度が1280×800ドット高解像度に進化、CPUはMediaTek MTK8125(クアッドコア、1.2GHz)、メインメモリーは1GB、内蔵ストレージは16GB。グラフィックスはPowerVR SGX 544で動画の再生やWebの閲覧等でもサクサク快適に動作する。

選べる4色のカラーバリエーション。


価格はオープンプライスだが16GBモデルで市場予想価格は19,800円となっている。ちょうど同社のNexus 7とバッティングする形になるが、あちらはグラフィックス性能に優れるNVIDIAのTegra 3を搭載しているのでゲームをプレイしたいという人向けとなる。そしてNexus 7では搭載されていないmicroSDスロットが搭載されており32GBまでの容量を追加できるようになっている。またバッテリーも最大で約10時間とロングライフが自慢だ。

カラーリングは、"ベリーベリー・ブルーベリー(ブルー)"、"ミルキー・バニラ(ホワイト)"、"スプラッシュ・レモン(グリーン)"、"ファンキー・ストロベリー(ピンク)"の4色が選べるようになっている。なお搭載するOSは、Jelly BeanことAndroid 4.2.1だ。

■製品概要
製品名:ASUS MeMO Pad HD7
型番:ME173-BL16(ブルー)
   ME173-WH16(ホワイト)
   ME173-GR16(グリーン)
   ME173-PK16(ピンク)
発売時期:7月19日より
市場予想価格:19,800円


ASUS

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■ASUSに関連した記事を読む
ASUSからPC3機種登場 ASUSよりHaswell搭載ハイエンドデスクトップなど3機種
2013年ASUSのテーマは”トランスフォーム” 続・COMPTEXでお披露目されたASUS製品
2013年ASUSのテーマは”トランスフォーム” COMPTEXでお披露目されたASUS製品
COMPTEX TAIPEI始まる Haswell解禁で例年以上に盛り上がるCOMPTEX
もっとより近く、一台二役のASUS製品で家族コミュニケーションが変わる可能性



ASUS MeMO Pad HD 7
ASUS MeMO Pad HD 7 [Personal Computers]