デスクトップのタスクバーに表示されるアプリアイコンを右クリック、または長押しすると、「ジャンプリスト」が表示される。ここには、最近使ったファイルやフォルダー、よく使う機能などが表示される(表示される内容は、アプリの種類によって異なる)。「最近使った項目」または「よく使う項目」として表示されるのは、初期設定で10件まで。この数は変更できるので、目的のファイルやフォルダーをすぐ開けるように、増やしてみよう。

■知っ得No.509 ジャンプリストに表示する項目を増やす
例えば、エクスプローラーのジャンプリストを表示すると、「よく使うもの」として、よく使用するフォルダーが10件ほど表示される。これ以上に表示したい場合には、タスクバーのプロパティから数を増やしてみよう(画面1~2)。以降はジャンプリストを表示すると、項目数が増えている(画面3)。
画面1 タスクバーを右クリック(または長押し)して、[プロパティ]を選択。

画面2 [ジャンプリスト]タブの[ジャンプリストに表示する最近使った項目の数]をここでは15に変更した。[適用]をクリック(またはタップ)する。

画面3 アプリアイコンを右クリック(または長押し)すると、[よく使うもの]の項目数が増えている。

項目の数を「5」などにして、減らすこともできる。本当によく使う項目だけに絞り込んだほうが使いやすいという場合には、逆に減らしてみよう。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2013 LINE Corp. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる
Tumblrで複数の投稿に一気にタグを付ける
Excelのシートを別々のブックに変更する
Windows ストアアプリの日本語入力方法を切り替える
Word文書のちょうどいい位置で段を変える