先日、AmazonがKindle paperwhiteの2013年モデルを発表したことはお伝えした通りだ。そこで2012年モデルと比較し、書き換え速度が速くなるなど、基本性能が向上したが、価格が値上がりしたため、性能と価格のバランスの関係で旧モデルを選びたかった人も多かったのでは? ということを解説した。

しかし、旧モデルは新モデル発表直後に販売が終了してしまったため購入することはできない。ただ、Amazonが通信料を負担し、いつでもどこでも電子書籍を購入できる旧モデルの3G版なら購入できたのだが、通信機能が付いているため12,980円と価格が高かった。ところが、この旧3G版が10月20日までの限定で3,000円引きで販売されることになった。今すぐにKindle paperwhiteを購入したい方にとって、この割引販売はかなりお得だ。


これまで何度も説明してきたが電子インクを使用したKindle paperwhiteは、カラーが表示できないし、画面の書き換え速度も液晶などに比べるとかなり遅い。しかし、小説などテキスト中心の電子書籍を読むのには、目にも優しい最適な端末だと言える。しかし、2013年モデルが発表されてから、旧モデルとなる2012年モデルは販売が終了し、すぐにKindle paperwhiteを入手できない状態が続いていた。

唯一入手できるのは、Amazonが3G通信の通信料を負担することで、ユーザーはいつでもどこでも電子書籍を購入できる旧モデルとなる2012年版の3G版のみとなっていた。

2013年モデルの3G無し版(Wi-Fi版)は旧モデルに比べ、価格が上がったが9,980円で購入できる。しかし、2012年モデルの3G版は12,980円で、3G機能がついているとは言え、3,000円高い旧モデルを買うのはどうかと考えていた人も多かっただろう。2013年モデルの3G版は14,980円なのでそれと比べるとかなり安い。

そんなこんなでAmazonが、2012年モデルの3G版を3,000円引きで販売するキャンペーンを、10月7日から20日まで実施する。これによって、2012年モデルの3G版が9,980円で、いますぐにでも購入できることになる。

■旧モデルという点を除けば、お買い得感は高い
2013年モデルの3G無し版は9,980円、2013年モデルの3G版は14,980円。3G版を買うなら2013年モデルと比較して5,000円安いし、今すぐ買うのであれば2013年モデルと同じ価格で3G機能付きになる。実際には2013年のモデルの3G無し版(Wi-Fi版)を11月30日までに買えば、1,980円の電子書籍用クーポンがついているので、厳密に同じ価値にはならないもののお買い得感で言うと2012年モデルの3G版は、今の段階で最強ではないかと思う。

3G版はWi-Fi環境がなかったり、外出先などで新しい電子書籍を探したい場合などに便利なので、この機会に購入を検討してはいかがだろうか。または、学生の子供に買い与えたり、ネット環境を持たない老齢の両親に使い方を教えて渡しておくというのにもオススメだ。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジ通の記事をもっと見る
YouTubeがダウンロードに公式対応 オフラインでもモバイル端末でYouTubeが楽しめるように!
CEATEC 2013 本日最終日17時まで! ざっと見るならここは押さえるべし
CEATEC 2013の見どころ第二弾 登場が待ち遠しい注目技術
CEATEC 2013の見どころ 4Kテレビを中心に最新デバイスを多数紹介
メビウスが復活! IGZO液晶採用Windowsタブレット「Mebius Pad」