Googleロゴがボルタ電池の発明者生誕270周年を記念するアニメーションに!

Google

先日は「丸いキャラクターが可愛い! Googleロゴがバレンタインデーに合わせたイラストに!」という記事でGoogleロゴがバレンタインデーを祝うアニメーションロゴになっているのをお伝えした。本日もアニメーションロゴのネタだ。

本日は、ボルタ電池の発案者で、電気の電圧を示す「ボルト(V)」の語源となったアレッサンドロ・ボルタの生誕270年を記念するアニメーションになっている。

ロゴの中にある「▶」マークをクリックすると、アニメーションが開始される。ボルタの電池によってGoogleのロゴが点灯していき、最後は全部の文字が最も明るい様態にまで点灯していくという内容だ。このアニメーションが繰り返される。

いまでは、電池で動く自動車(EV)まで登場してきており、それもこのボルタによって一定の電流を取り出せる電池の発明があったからなわけで、電池は時間をかけて進化してきた。そしてこれからも270年を過ぎ、280年を過ぎ、300年・・・と進化を続けて行くことだろう。

Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

Googleロゴの記事をもっと見る
丸いキャラクターが可愛い! Googleロゴがバレンタインデーに合わせたイラストに!
鬼は外! 福は内! Googleロゴが節分に合わせたイラストに!
1年間で検索されたホットなキーワードを発表する「2014年Google検索ランキング」発表
心に残る瞬間で作られたロゴ!Doodle 4 Google 2014「忘れられない瞬間」グランプリ発表
Googleロゴが探査機「Rosetta」(ロゼッタ)の彗星着陸を記念したアニメーションに!


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る