使わない標準アプリは消したい!iPhoneで標準アプリを非表示にする技【快適術】

iPhone6Plus

iPhoneユーザーの中には、使わない標準アプリをホーム画面から消したい人もいるだろう。標準アプリは、iPhoneに最初からインストールされており、アイコンの長押しで削除ができない。

とはいえ、アプリケーションをたくさん入れている人の中には、「何とかして、ホーム画面から消したい。」と考えている人もいるだろう。
設定をいじれば、標準アプリを非表示にすることができる。

■標準アプリを非表示にしよう
iPhoneでは、設定を変更することで、標準アプリをホーム画面から消すことができる。

ホーム画面から「設定」を選択したら、「一般」をタッチする。

001

「アクセシビリティ」を選択したら、「機能制限を設定」をタッチする。

002

「機能制限用パスコード」を入力して、ホーム画面から消したいアプリの表示をオフに設定する。

003

左がデフォルトのホーム画面、右がFaceTimeをオフにしたホーム画面。

004

iPhoneで標準アプリを消したい人は、今回の技を覚えておくとよいだろう。

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

快適術に関連した記事を読む
Siriの以外と知られてない機能!iPhoneで今流れている曲を調べる技【快適術】
iPhoneの電池と通信費を節約!自動更新をオフにする方法【快適術】
ゲーム中に邪魔されたくない!iPhoneのコントロールセンターをオフにする方法【快適術】
iPhoneでメール送信時の署名を変えたい!「iPhoneから送信」を変更する方法【快適術】
iPhoneがデータ通信端末に大変身!テザリング機能を利用する方法【快適術】


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る