ドスパラの「GALLERIA」を使用! ニコニコの「将棋電脳戦FINAL」

s-kt_ll

サードウェーブデジノスから発売されているドスパラのゲームパソコン「GALLERIA」が、年3月14日より開催される5人の現役棋士と5つのコンピュータ将棋ソフトが対戦する「将棋電王戦FINAL」において、対戦用PCとしてゲームパソコン「GALLERIA 電王戦」モデルを機材協力したと発表した。

「GALLERIA 電王戦」モデルは、どの将棋ソフトでももてる力のすべてを出しきって闘うことができるよう、将棋ソフトの強さに大きく影響する整数演算を行うCPUに、現在望みうる最高ランクの性能をもつ「インテル Corei7-5960X Extreme Edition」を採用した特別仕様。

8コア +Hyper-Threadingによる16スレッド並列処理能力と、最新世代アーキテクチャーによる効率的かつ高速な演算性能により、各ソフトの秘めた力を十二分に引き出すことができるとしている。

また対戦中、全力で演算処理を行う、高負荷状態が長時間続くような状況でも、安定して稼動し続けられることが必須条件。使用パーツを厳選し、これらの条件をクリアしたゲームパソコン「GALLERIA電王戦」モデルが、ハードウェアの性能を常に最大限に引き出し、手に汗にぎる熱戦をサポートするだろう。

なお、3月14日から4月11日までの毎週土曜日に行われる「将棋電王戦FINAL」は、対局当日には情報ステー ション「GALLERIALounge」にて、将棋電王戦FINALのパブリック・ビューイングを開催するとのこと。各対局日に、地下1階に設置している100インチスクリーンの大画面にて、熱い対局を楽しむことができるだろう。入場は無料だ。

■GALLERIA 電王戦モデル 製品情報
CPU:インテル Core i7-5960X Extreme Edition プロセッサー(8コア/HT対応/定格3.00GHz/TB時最大3.50GHz/L3キャッシュ20MB)
チップセット:インテル X99チップセット
メインメモリー:64GB PC4-17000(DDR4 SDRAM, 8GB x8, 最大 64GB)
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX960 2GB
ハードディスク:250Gバイト SSD
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック
電源: Seasonic SS-750KM3 (750W 静音電源 / 80PLUS GOLD)
OS: Windows 8.1 Pro インストール済み ※Windows 7 Professionalも選択可能。
価格:37万9,980円(税抜き)

ドスパラ
将棋電王戦FINAL

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ドスパラの記事をもっと見る
本日まで開催!ドスパラレイクタウンmori店に「ガーヤちゃん」がやってくる
ドスパラ、AMD Kaveri APU A8-7650K搭載デスクトップパソコンの販売を開始
ドスパラから最新CPU搭載のWindows 8.1搭載タブレット「Diginnos」の新ラインアップ
ドスパラパーツ館で「ASRock新マザーボード トーク&オーバークロックイベント」開催
ドスパラのイベント「電王ponanzaに勝てたらパソコン1台プレゼント!」今週末に迫る!

Intel CPU Core i7 5960X 3.00GHz 20Mキャッシュ LGA2011-3 Haswell E BX80648I75960X【BOX】 [Personal Computers]

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る