s-Revo_Build_M1-601_07
日本エイサーは、ブロックを追加するだけで自分好みの機能アップができる人気のデスクトップPC「Revo Build M1601-N12N」を6月23日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、実売予想価格は2万7,000円前後(税別)。


本製品は、幅・奥行約135mm、高さ 約56mm、容積はわずか1Lというキューブ型のデスクトップPC。本棚のような狭い場所やちょっとしたスペースに設置できる。別売りのブロックでオーディオ、ハードディスク、パワーバンクの機能が追加でき、最大3ブロック(Revo Build M1601-N12N本体を除く)まで増設が可能だ。ブロックは配線不要のマグネットタイプのコネクターを使用しているため、確実に接続でき、煩わしい配線も必要ない。

またAcerオーディオブロック(別売)をのせると、デュアルスピーカーにより、映画や音楽などが高品質なサウンドで楽しめる。また、2個のマイクロフォンと2基のスピーカーを搭載している。Revo Build M1601-N12N本体から取り外してUSBケーブルを使い、別のPCに接続をすれば、外部スピーカーとしても利用できる。

Revo Build M1601-N12N本体とポータブルハードドライブを組み合わせれば、簡単に保存容量をアップすることができる。さらにRevo Build M1601-N12N本体から取り外してノートPCなどにUSBで接続すると、外付けHDDとしても使うことができる。

Acerワイヤレスパワーバンク(別売)を設置すると、ワイヤレス充電規格(Qi)に対応したスマートフォンを、ワイヤレスパワーバンクに乗せてケーブルレスで充電することができる。ワイヤレスパワーバンクブロックは単体で11600mAhのモバイルバッテリーとして使用でき、USBで利用しているタブレット、スマートフォンなどの充電に活用できる。

製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、3万円台のSSD搭載ノートPCを限定で8000台発売
KingstonのゲーミングブランドHyperXからXbox公式認定ゲーミングヘッドセット「HyperX CloudX」を発売
インテルの高速SSDが無料入手できる!?ZIGSOWでレビュアー30名を大募集<PR>
マウスコンピューター、オンライン対戦アクション「真・三國無双Online Z」推奨PCを販売開始
サードウェーブデジノス、最新のGeForce GTX 1070 搭載PCの販売を開始