サードウェーブデジノスは、Windows 10搭載パソコンとして最小サイズのスティック型パソコン「Diginnos Stick」シリーズを拡張するドッキングステーション「DG-STKLC」の販売を開始した。価格は3,980円(税抜)。


本製品は、スティックPCの接続端子を拡張し、周辺機器への接続を容易にするドッキングステーション。周辺機器の接続を一括で行うため、TV・ディスプレイの配置環境にとらわれずにスティックPCの機能拡張を行える。

有線LANポート(100BASE-TX)を搭載するほか、フルサイズのUSBを3ポート搭載。
s-42181_iaIsuXjGIv

s-42181_JIoPNvDXfa


DG-STKLC

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラからVRに特化した自作パソコンセット「パーツの犬モデルVR-001」が登場
ドスパラ、人気オンラインRPG「エルダー・スクロールズ・オンライン」推奨パソコンの販売を開始
インテル、インテル Core m3 プロセッサーを搭載したインテル Compute Stickの新モデルを発売開始
ドスパラ、GeForce GTX 10シリーズ発売記念イベントを開催
日本エイサー、ブロックを追加するだけで自分好みの機能アップができるスリムデスクトップを発売


Diginnos Stick DG-STK2F
サードウェーブデジノス