detail_2089_1471472165
デジタルカメラ関連グッズの販売などを手がけているCTJは、一般的なデジタル一眼レフカメラに装着可能で、Wi-Fi接続をはじめPCやタブレット、スマートフォンなどのモバイル端末を外部ディスプレイとして活用しながら多機能な操作ができるコントローラーの最新モデル「CASE Remote Air」の先行販売を、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」を通じて2016年9月5日に開始した。

本製品は、デジタル一眼レフカメラに取りつけるだけでWi-Fi接続をはじめPCやタブレット、スマートフォンなどのモバイル端末を外部ディスプレイとして活用できるほか、パラメーターの調整やピント合わせ、リモートシャッターなど多機能なワイヤレス操作が可能になる。

さらにタイムラプス、HDR、フォーカススタッキングなど高度な機能追加を実現。エントリーモデルのデジタル一眼レフカメラが、装着するだけで多機能かつ高性能なモデルとして活用できる。

iOSやAndroid搭載のタブレット、スマートフォンをはじめMacOS、Windowsなど幅広いプラットフォームに対応している。

■支援金額とリターン内容概要(抜粋)
1万5,600円コース:【限定10名】「CASE Remote Air」完成品一台(2016年12月発送予定)
1万6,900円コース:【限定100名】「CASE Remote Air」完成品一台(2016年12月発送予定)


「CASE Remote Air」プロジェクト紹介ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ワコム、次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」を発表
「First Flight」でクラウドファンディング中。デザインをコレクション・着せ替えられる「FES Watch U」を展示
家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー
「ユピテル ドライブレコーダー ドーンと50台プレゼント!!」キャンペーンを実施
5種類のDisneyキャラクターのデザインから選べるウォークマンSシリーズをソニーストアにて販売開始