GIGABYTEからmini-ITX仕様でCPUオンボードのマザーボード「GA-J1900N-D2H」が登場した(取り扱いはCFD販売)。市場予想価格で税込8,000円半ばとされており、メモリーとストレージ、mini-ITX用ケースを用意すれば、Webブラウズや動画視聴が可能なPCが1台組めてしまう。



搭載するCPUはIntel Celeron J1900(定格2.0GHz、最大2.4GHz)でAtom系列のBayTrail-Dだ。1チップにプロセッサー、ノースおよびサウスブリッジまでまとめられているので、それ以外の実装部分が非常にシンプルになっている。さらにTDPが10Wと低消費電力なためファンレス構造になっているのもポイントだ。

miniPCIeスロットを使ってWi-Fiを搭載可能、映像出力としてD-subとHDMIに対応。また、スマホ時代を受けPCの電源がオフの状態でもUSBからバスパワーで給電が可能な「ON/OFF Charge機能」を搭載しておりiPhoneのクイック充電にも対応している。LANオプティマイザーを使えば、ネットワークを必要とするアプリに対して帯域幅の割り当てを変更することができる。安価な割に高機能さがウリだと言えるだろう。

■製品概要
メーカー:GIGABYTE
型番:GA-J1900N-D2H
店頭想定売価:8,480円前後(税別)
出荷予定:11月中~下旬予定

■主なスペック
CPU:Intel Quad-Core Celeron J1900 SoC(2.0GHz、最大2.4GHz)
フォームファクター:mini-ITX
グラフィックス:Intel HD Graphics
サイズ:170(縦)mm×170(横)mm
対応メモリー:DDR3L 1333
空きスロット:
PCI Express×1:1
miniPCI Express×1:1
ストレージ:SATA 3Gbps:2
LAN:ギガビット×1
USBポート
USB3.0:1(バックパネル)
USB2.0:6(バックパネル:4、内部コネクタ:2)
オーディオ:Realtek ALC887 HD Audio 7.1ch
BIOS:UEFI


GA-J1900N-D2H製品紹介ページ
CFD販売

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
PC&パーツの記事をもっと見る
リンクスインターナショナルよりAntec製のmicroATX対応キューブケース登場
Thermaltake製電源ユニット「Toughpower GOLD(Modular)」に850W、1000W、1200Wモデルが追加
林修先生が新Office搭載PC推進大使に!「新しいOffice搭載パソコンはスゴい!」キャンペーン開始
日エイサーよりOffice Personal Premium搭載の15.6インチノート「Aspire Eシリーズ」
大容量8GBメモリーを積むSapphire製Radeon R9 290X搭載グラフィックスボード「VAPOR-X R9 290X 8G GDDR5 TRI-X」