先日、「リンクス、Corsair Link対応水冷一体型ユニットを発売」という記事でCPUをクロックアップしても、CPUをきっちり冷却してくれるハイエンド向けの水冷一体ユニットを紹介した。

クロックアップせずとも、CPUの冷却をしっかりすることでパソコンの安定動作につながる。そこでハイエンドほろの冷却性能は求めないという人向けのパフォーマンスモデルが登場した。



株式会社リンクスインターナショナルは、システム統合管理ツール「Corsair Link」対応、最新のIntel&AMDプラットフォームに対応した水冷一体型ユニット、120mmサイズのラジエータを採用したパフォーマンスモデル、「CORSAIR Hydro Series H80i GTを2015年5月16日より、全国のPCパーツ専門店にて発売する。

■通常利用に最適なCORSAIR Hydro Series H80i GT
前述したようにクロックアップ等を行わない一般用途に向くのが「CORSAIR Hydro Series H80i GT」だ。こちらも最新のIntel&AMDプラットフォームに対応。120mmサイズのラジエータを採用。

高い熱伝導効率を誇る銅ベースプレート劣化に強く水漏れや揮発の心配がない独自のカスタムチューブ、2435RPM、70.69CFM、4.65mm-H2Oを誇る120mm静圧ファンを2基搭載、上位モデル同様メンテナンスフリーで信頼と実績が生んだ安心の長期5年保証も付帯する。

■製品概要
メーカー名:CORSAIR
製品名:Hydro Series H80i GT
型番:CW-9060017-WW (H80i GT)
発売日:2015年5月16日
店頭予想売価:15,710円前後(税抜)


Hydro Series H80i GT
リンクスインターナショナル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PC&パーツの記事をもっと見る
リンクス、Corsair Link対応水冷一体型ユニットを発売
Thermaltake製電源ユニット「Toughpower GOLD(Modular)」に850W、1000W、1200Wモデルが追加
林修先生が新Office搭載PC推進大使に!「新しいOffice搭載パソコンはスゴい!」キャンペーン開始
日エイサーよりOffice Personal Premium搭載の15.6インチノート「Aspire Eシリーズ」
大容量8GBメモリーを積むSapphire製Radeon R9 290X搭載グラフィックスボード「VAPOR-X R9 290X 8G GDDR5 TRI-X」