ぷらっとホームは、Internet of Things(IoT:モノのインターネット)に特化したコンパクトLinuxサーバー「OpenBlocks IoT Family」の最新モデルとなる「OpenBlocks IoT EX1」を発表した。

OpenBlocksは、2000年に初登場した、同社初の手のひらLinuxサーバー「OpenBlockS」を起源とし、その後、OpenBlockSS、OpenBlockS 266、600へと15年間の歴史を積み上げてきた。古くて新しい超小型サーバーである。

同シリーズは、大手通信事業者をはじめ、電力監視やセンサーネットワークなどのインターネット通信分野で採用されるという実績を、これまでに積み重ねてきている。近年では各種センサーネットワークやM2M/IoT分野のゲートウェイ装置として多くのベンダーで利用されている。



■OpenBlocks IoT Familyにおける最新モデル「OpenBlocks IoT EX1」
今回発表された「OpenBlocks IoT EX1」は、OpenBlocks IoT Familyの現行モデル「OpenBlocks IoT BX1」のCPU/OS性能をそのままに、拡張性と柔軟性をさらに向上させているのがポイントだ。

本体にあらかじめWi-Fi、Bluetoothといったワイヤレス規格、RS-232C、RS-485といったシリアルポートを備える。これに加えて本体内部に拡張用スロットを2つ搭載。このスロットに様々なモジュールを追加できるようになっている。

製品画像2

具体的には3GやLTE、Wi-SUN、EnOceanといった各種通信に対応可能となっている。これにより様々なセンサーをより速く効率的にネットワークに接続することが可能だ。

製品画像3

さらにSMS遠隔操作機能やシリアル通信リダイレクト、設定用Web UIを搭載するなど、ハードウェアだけでなくソフトウェアによる機能も充実している。

本製品のはハードウェアとしての特長は以下、

1)内蔵オプションでIoT主要無線・有線に対応
Wi-FiやBluetoothなどの無線通信、RS-485、RS-232C、Ethernet等の有線インターフェースを標準搭載し、さらにLTE、3G、Wi-SUN、EnOcean等の無線通信もオプションボードを内蔵することで接続可能。

2)複数キャリア選択可能
オプションの3G通信ボードにより、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルの3G通信に接続することが可能。また、KDDIの通信モジュールも使用でき、KDDIのLTE通信網にも接続可能だ。

3)パワフルなCPUと大容量メモリー
22nmプロセス技術に基づくインテルのSoCを搭載し、さらに1GBのRAM、4GBのFLASH ROMが搭載され、IoTのエッジサイドで必要となる様々なコンピューティング機能を実現する。

4)フルパッケージのLinuxを搭載
OSには汎用のDebian GNU/Linuxを採用しており、アプリケーションの実装が容易となっている。様々なアプリケーション実装の手間を削減し、スピーディーなIoTシステムの構築が可能。

5)極小サイズフォームファクタ
わずか91(幅)mm×113(奥行)mm ×25(高さ)mmの極小サイズ。そのためあらゆる場所・環境に設置可能。設置する場所に悩むことなく導入できる。

■注目のソフトウェア機能
1)設定を簡単にするWeb UI

ネットワークやシステムの様々な設定を簡単に行えるWeb UIを搭載。手間のかかる初期設定やアップデートも短時間で可能となっている。

2)SMSで遠隔操作
携携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を利用してOpenBlocks IoT Familyを遠隔地から操作できる。Web UI経由で登録した実行スクリプト、たとえばOSセキュリティパッチのスクリプト起動など、様々な制御がSMSによって可能となっている。

■その他の便利機能
1)シリアル通信リダイレクト

OpenBlocks IoT Family に接続されているRS-232C/RS-485をモバイル回線やWi-Fiを経由して遠隔地のシリアル通信端末へリダイレクトが可能。また、Bluetooth SPPにも対応し、OpenBlocks IoT FamilyとペアリングされたBluetooth SPPデバイスのシリアル通信リダイレクトも可能。

2)柔軟なWi-Fiネットワーク
初期状態でWi-Fiネットワークは、Web UIのアクセスポイントとして起動する。モデム内蔵のモデルなら、通信のためのSIMを用意してAPNを設定するだけでWi-Fiルータとしても利用できる。Wi-Fiクライアントモードに切り替えれば、既存のWi-Fiネットワークへ接続できる。

3)ダイナミックDNS対応
ダイナミックDNSに対応しているため、固定IPアドレスを付与する必要が無く、コスト削減はもちろん、柔軟な構成、運用が可能だ。

なお、新製品は5月13日から開催される「第4回IoT/M2M展」に出展している同社ブースで実機を見ることができる(イベントの概要は後述)。

■製品概要・仕様・オプション
・製品概要
名称:OpenBlocks IoT EX1
型番:OBSEX1
価格:オープンプライス
出荷開始時期:2015年夏予定


主な仕様:
CPU:インテルAtomプロセッサー(インテルEdison、500MHz、デュアルコア)
メインメモリー:1GB(DDR3L)
Flash ROM(ストレージ):4GB(eMMC)
内蔵無線インターフェイス:
・Bluetooth 4.0+2.1EDR
・Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)
外部インターフェイス:
・RS-485(ターミナルブロック)
・RS-232C(RJ-45)
・Ethernet(RJ-45)
・USB Host A Type
・USB Micro-B Type
サイズ:91(幅)mm×113(奥行)mm×25(高さ)mm(突起部含まず)
電源:DC5V(+4.75~5.25V)/DC-WR(+6~48V)
搭載OS:Debian GNU/Linux


モジュールオプション:
・3G通信モジュール

NTTドコモ・ソフトバンクモバイルの3G通信網に対応し、下り最大7.2Mbps・上り最大5.7MbpsというIoT/M2M用途に十分な速度をカバーしたインターネット通信が可能。

・LTE通信モジュール
KDDIのLTE通信網に対応し、下り最大75Mbps・上り最大25Mbpsの超高速通信を実現。

・Wi-SUNモジュール
ロームのWi-SUNモジュールを採用し、スマートメーターを始めとするスマートコミュニティ構築に最適なWi-SUN通信を実現。

・EnOceanモジュール
電池不要・配線不要をコンセプトとしたEnOceanのセンサーやスイッチ等からのデータが受信可能となり、メンテナンスフリーのセンサーネットワークの構築が可能。

ソフトウェアオプション:
・SuperJ Engine Framework

株式会社日立ソリューションズが提供するOSGi準拠のフレームワーク。エネルギーマネジメントシステムの構築を容易に実現。

・ECHONET-Lite bundle
株式会社日立製作所が提供するECHONET-Liteのバンドルプログラム。OSGi Framework上で動作し、家電制御を行うHEMS(Home Energy Management System)の構築に最適。

・Oracle Java SE Embedded
オラクルが提供するJavaアプリケーションの開発・実行に必要なプラットフォーム。

■イベント概要
イベント名:「第4回IoT/M2M展」
日時:2015年5月13日(水)~15日(金)、10:00~18:00(15日のみ17:00終了)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟3-10 ぷらっとホームブース
会場住所:東京都江東区有明3-11-1


OpenBlocks IoT EX1
ぷらっとホーム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ソフトバンクがヤマダ電機と資本業務提携! 総額227億6,100万円でヤマダ電機の株式48,324,400株を取得
“SIガラパゴス”を打ち破れ!――A-STARの目指すITエンジニア戦略とは
ボルテックス宮沢社長が新しい事業モデル「区分所有オフィス」の優位性を語る
楽天 三木谷氏らが京都大学基金「iPS細胞研究基金」へ約5億円を寄付
NTT Com、「Global Cloud Vision 2015」に関する説明会を開催