マイクロソフトは、7月29日に190カ国において Windows 10 の提供を開始することを発表した。なおアップグレード元であるOSが、Windows 7およびWindows 8.1 を使用しているユーザー向けには無償アップグレードとして提供される。

これを受けて日本では6月1日よりWindows 10のダウンロード予約申し込みの受付がが開始されている。



実は、すでに6月1日、Windows 7またはWindows 8.1のタスクバーの右端の通知領域にWindowsアイコンが表示されている人がいると思う(状況次第では、必ずしも表示されているとは限らない)。

この通知アイコンは「Windows 10を入手する」というメッセージを表示させ、さらに事前予約の確認が行えるウィンドウを呼び出すアイコンだ。筆者も、6月1日の早い段階で、デスクトップPCにこのアイコンが表示されているのに気が付き、マウスでクリックしてみたところ、Windows 10への無償アップグレードの説明ウィンドウが表示された。

ここから、マイクロソフトアカウントで利用しているメールアドレスを確認するだけで、Windows 10の正式リリース時に自動的にダウンロードが開始され、アップグレードが可能になる。ファイルサイズは、およそ3GB。予約処理はは、メールアドレスを登録するだけで完了するので、なるべく早めに登録しておこう。

メールアドレス登録の方法は以下のステップで完了だ。

1)通知トレイ上のウィンドウアイコンをクリックする
赤枠のアイコンをクリックする 赤枠のアイコンをクリックする

2)「Windows 10を入手する」メッセージにある「無料アップグレードの予約」をクリックする
「無料アップグレードの予約」をクリック 「無料アップグレードの予約」をクリック

3)登録しているメールアドレスを入力したら「確認の送信」をクリックする
登録しているメールアドレスを入力したら「確認の送信」をクリック 登録しているメールアドレスを入力したら「確認の送信」をクリック

4)「完了しました」と表示されたらOK
以上で終了 以上で終了


Windows 10
マイクロソフト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PC・パーツの記事をもっと見る
CFD販売、GIGABYTEおよび玄人志向の最新GPU「NVIDIA GeForce GTX 980Ti」搭載カードを発売
ZOTACより10万円を切るGeForce GTX 980 Ti搭載カード「ZOTAC GeForce GTX980Ti NVTTM」登場
ドスパラより最新GPU「NVIDIA GeForce GTX 980Ti」を搭載した「Palit NE5X98T015JB-PG600F」
ベルテックより、3台のディスプレイを装着できるワンタッチモニター取付スタンド
無音PCを目指す人へ、玄人志向より、Radeon HD5450搭載で4千円を切るファンレスグラボ登場

Windows10/8.1/7操作入門(日経BP Next ICT選書)
日経ベストPC+デジタル
日経BP社
2015-01-15