「インテル Compute Stick」Windows8.1搭載モデルの発売を再度延期』でも紹介したように、インテルは、4月23日と、5月12日の2回、ユーザーが発売を心待ちにしていたスティックPC「インテル Compute Stick Windows 8.1搭載モデル」の発売を延期してきた。



いずれも製品の検証において一部不具合が確認され、原因究明のためということだった。症状としては一部のシステムに、アプリケーションが起動しないといった現象が見られたという。それらの原因が究明され、製品を正常な状態にしたうえで、6月12日(金)より発売することになったとのこと。製品を期待していた人には朗報だ。

インテル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PC&パーツの記事をもっと見る
「インテル Compute Stick」Windows8.1搭載モデルの発売を再度延期
リンクス、Corsair Link対応水冷一体型ユニットを発売
Thermaltake製電源ユニット「Toughpower GOLD(Modular)」に850W、1000W、1200Wモデルが追加
林修先生が新Office搭載PC推進大使に!「新しいOffice搭載パソコンはスゴい!」キャンペーン開始
日エイサーよりOffice Personal Premium搭載の15.6インチノート「Aspire Eシリーズ」