親子で夏の思い出を!インテル Edison でリモコン操作できるロボットカーを走らせるワークショップを開催」という記事で紹介したように、株式会社オライリー・ジャパンは去る2015年8月1日~2日の2日間、東京・お台場の東京ビッグサイトにおいて、大人から子供まで楽しめる世界最大のDIYイベント「Maker Faire Tokyo 2015」を開催した。

インテルブースでは、国内外のデジタルコミュニケーションを牽引する5アーティスト、株式会社aircord、株式会社ココノヱ、株式会社BIRDMAN、株式会社THE GUILD、株式会社カヤックが「インテル Edison」を利用した作品が展示されていた。これらの作品は、インテル Edisonの3つの特徴である「小さい」「つながる」「高性能/省電力」を活かした作品となっている。

前回は株式会社aircordの「Words Band」を紹介したが、今回は株式会社ココノヱの「インテル Edison」を利用した作品を紹介しよう。



■落書きがお互いにバトルするインスタレーション
株式会社ココノヱは、自分の描いたモンスターを紹介する魔法の書「召喚らくがきモンスターズ」を展示していた。「召喚らくがきモンスターズ」とは、魔法のスケッチブックに描いたモンスターのイラストを召還し、プレイヤーが声でモンスターを操り、バトルするゲームだ。モンスターの種類やデザインによって、性能や行動、攻撃方法などが変化し、プレイヤーのイラストや声によってゲームが進行する。

t01

同社代表取締役宗佳広氏は、「この落書きモンスターズは自分の描いた落書きがお互いにバトルするインスタレーションですが、描く絵とか、形とか、大きさによって、スピードとか、攻撃力とか、防御力とかが変わります。それがけっこう醍醐味で、それを競い合って、お子さんたちがバトルするというのが見ていて楽しいところですし、やっていて楽しいところだと思います。」と、「召喚らくがきモンスターズ」の特徴を語ってくれた。

t02

株式会社ココノヱ
コミュニティ・サイト「Edison Lab」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
三度目の正直! 「インテル Compute Stick」Windows 8.1搭載モデルを6月12日に発売
「インテル Compute Stick」Windows8.1搭載モデルの発売を再度延期
Intel&AMDプラットフォーム対応の水冷一体型ユニット、CORSAIR 「Hydro Series H80i GT」
ドスパラ、「Intel SSD 750」シリーズを搭載した「GALLERIA ZG SSD750搭載モデル」の販売を開始
Intel XMP対応でHaswell-Eをきっちりぶん回せるKingstonのDDR4メモリー「HyperX FURY DDR4」