7月30日の『JR西日本の東西線および関西本線のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始』といった記事などで、これまで全国各地の鉄道における携帯電話の通話やモバイル通信関連のサービスエリア拡大情報をお伝えしてきている。今回は阪神電気鉄道阪神本線のトンネルにおける携帯エリアサービスの拡大情報をお伝えする。



阪神電気鉄道、ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、2015年8月28日(金)より阪神電気鉄道阪神本線「梅田駅~野田駅」区間のトンネル内において、携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。

これにより、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの異常時にも情報収集の手段として活用できる。

■サービス提供開始日:
2015年8月28日(金曜)始発からサービス開始予定

■利用可能な路線:
阪神電気鉄道阪神本線「梅田駅~野田駅」区間のトンネル内


車内では、携帯電話をマナーモードに設定し、通話はご遠慮くださいますようお願いいたします。
各社は、今後もサービスエリアの拡大や品質改善、ならびにお客さまにより快適にご利用いただきやすい環境の整備を進めてまいります。
注意停電時などには、使用できない場合があります。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

鉄道・携帯電話サービスに関連した記事を読む
JR西日本の東西線および関西本線のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始
京王井の頭線 「渋谷駅~駒場東大前駅」区間のトンネル内で携帯が利用可能に
一ノ関~盛岡間の東北新幹線トンネルで携帯電話が利用可能に
神戸市営地下鉄の西神・山手線と北神急行電鉄で携帯電話サービスの提供開始
京王線「北野駅~京王八王子駅」区間のトンネル内で新たに携帯電話サービスを提供開始