先日「おいっ! タイトルそういう意味かよ! 山ちゃん熱唱の「ヤマデロイド」公開」「心を込めて歌います。日本アニメ(ーター)見本市第10弾「ヤマデロイド」予告動画公開」といった記事で紹介したように株式会社ドワンゴおよび株式会社カラーは、日本アニメーションの可能性を探る共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」を開催中だ。



同企画における第11弾作品として吉浦康裕による「POWER PLANT No.33」の予告編映像を公開した。また、2月2日(月)には、「POWER PLANT No.33」の吉浦康裕氏(原案/監督/脚本)、金子雄司氏(原案/怪獣&ロボデザイン/美術監督)、斉藤健吾氏(キャラクターデザイン/作画監督)が出演し、「POWER PLANT No.33」の制作秘話を語る「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」を放送する。

■第11弾作品予告情報
作品名:「POWER PLANT No.33」
配信日:1月30日(金)
原案/監督/脚本:吉浦康裕
原案/怪獣&ロボデザイン/美術監督:金子雄司
キャラクターデザイン/作画監督:斉藤健吾
アニメーション制作:スタジオ六花/TRIGGER
ストーリー:眠り続ける超巨大発電体33号――通称「エレキマグマ」に電力を依存している都市。ある時、謎の超巨大ロボット「プロトタイタン」が天空より飛来し、結果的に都市を破壊! 行き場を失った電力の体内蓄積により、ついに覚醒するエレキマグマ!! 逃げまどう人々の頭上で、超巨大スケールの1ターンバトルが幕を開ける!!!
■予告編映像:http://www.nicovideo.jp/watch/1421737083


■ニコニコ生放送番組概要
番組名:「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第11回
放送日時:2015年2月2日(月)22時~23時(予定)
出演者:
吉浦康裕(原案/監督/脚本)
金子雄司(原案/怪獣&ロボデザイン/美術監督)
斉藤健吾(キャラクターデザイン/作画監督)
番組内容:「POWER PLANT No.33」の制作秘話や作品に込めた思いなどを聞く。


■日本アニメ(ーター)見本市とは?
スタジオカラーとドワンゴが贈る短編映像シリーズ企画。様々なディレクター陣による、オリジナル企画・スピンオフ企画・プロモーション映像・MusicPVなど、ジャンルを問わず愛と勢いで創りきる数々のオムニバスアニメーション作品を毎週金曜日に1話ずつ公開。本企画を通じて、表現の規制のない“自由な創作の場”を提供し、日本のアニメ制作における企画開発、R&D、人材育成など、この先の映像制作の可能性を探る試み。

■視聴ページ:http://live.nicovideo.jp/watch/lv204660631

日本アニメ(ーター)見本市
niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
おいっ! タイトルそういう意味かよ! 山ちゃん熱唱の「ヤマデロイド」公開
1月25日に茨城県守谷市「WonderGOO守谷店」で「ニコニコ書店会議」開催
仏週刊紙の風刺画掲載反対35.2%、内閣支持率40.4%ニコニコの「月例ネット世論調査」
・「心を込めて歌います。日本アニメ(ーター)見本市第10弾「ヤマデロイド」予告動画公開
今年もやるぞ!「ニコニコ超会議2015」発表会レポート 超豪華キャンペーンも開始