UQコミュニケーションズ株式会社は、データ通信端末「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」について、最新のソフトウェアを公開した。最新バージョンは2.0.0となっている。



更新内容だが「セキュリティ向上のための対応」「任意のネットワーク名(SSID)に名称変更できない場合がある不具合を修正」「WiMAX2+通信性能の最適化」を行うなどとなっている。

ちなみに筆者所有のNAD11では、ときどきWi-Fi再接続時にAndroid端末側でIPアドレスの再取得に時間がかかっていたのが解消された。電源が完全に切れている状態からの起動も若干早くなった感じがする。

同製品を使っているユーザーは、更新内容および注意事項を確認の上、アップデートを実施するといいだろう。

■オンラインバージョンアップの方法について
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11とネットワーク接続されたスマートフォン、タブレット、パソコンを操作することによって実施することができる。

スマホで端末に接続したら設定画面を表示させる スマホで端末に接続したら設定画面を表示させる

現在のバージョンを確認する 現在のバージョンを確認する

「最新バージョンへ更新」をタップする 「最新バージョンへ更新」をタップする

ダウンロードと更新作業が行われる ダウンロードと更新作業が行われる

自動的に再起動されるので再度接続する 自動的に再起動されるので再度接続する

再びファームウェアのバージョンを確認する 再びファームウェアのバージョンを確認する


■Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11ファームウェア情報
1.バージョン2.0.0
2.更新内容
①セキュリティ向上のための対応
②任意のネットワーク名(SSID)に変更できないケースがあることを修正
③WiMAX2+通信性能の最適化

※上記以外にも、より快適にNAD11を利用する改善内容が含まれる。

5.バージョンアップ所要時間(目安):約6分
※利用環境や回線の状況により異なる。

6.注意事項
・ファームウェアのバージョンアップの際は、本製品の電池残量が十分あることを確認してから行ってください。電池残量が約30%未満のときは、バージョンアップをすることはできません。電池残量が少ない場合には、十分に充電してから行ってください。
・「アクセスポイントモード」でご利用中の場合は、クレードルから抜いた状態で実施してください。クレードルに装着した状態ではバージョンアップはできません。
・バージョンアップを行う際は通信が切断されないよう、電波が強く安定している状態で移動せずに実施してください。



Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11オンラインアップデート操作手順書
UQコミュニケーションズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

UQ WiMAXに関連した記事を読む
東葉高速鉄道の路線・駅構内および「ウィング新橋」でWiMAX 2+の利用が可能に
名古屋鉄道におけるWiMAX 2+の提供開始およびエリア整備完了について
京都市営地下鉄におけるWiMAX 2+の提供開始およびエリア拡大について
WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」が下り最大220Mbpsに対応
横浜市営地下鉄の全駅構内や列車内においてWiMAX 2+の利用が可能に!